FC2ブログ

DOMOTO★Kids

KinKi Kidsに関する独断と偏見と個人的ななんやかんや

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

12/20 文化放送「レコメン」

ラジオキャンペーンは、これで一段落でしょうかね。
どんなもんヤ!は月曜日のレコメン内でオンエアされてますが
木曜日はジャニーズWESTの桐山くんと中間くんがパーソナリティで
あんまり接点がない大先輩のコメントを聞いてますよ~


では、文化放送「レコメン」のコメントです。



光「文化放送レコメンをお聞きのみなさん、そしてジャニーズWESTの桐山くん、中間くん、こんばんは。KinKi Kids堂本光一です」
剛「堂剛です」
光「ジャニーズWESTの桐山くん、中間くんと言えば、ね、事務所の後輩ということで、番組の中でちょいちょい私たちの話題を出してくれてるんだそうですよ」
剛「ありがとうございますー」
光「なかなかこう、ご一緒する機会というのはまあ、ないですけども」
剛「そんなにないですけども、夢の中で会うぐらいなんでね」
光「あ、夢の中で?」
剛「結構ね~、桐山くんと中間くんがねえ」
光「出てくるんですか」
剛「おごってくださいよ~、言うて」
光「ふふふふ(笑)」
剛「えぇ?!いうて」
光「おごってくださいよ?(笑)」
剛「夢ん中ですごい言ってくるんでね」
光「へぇ~」
剛「困りますよ、ほんとに。週4、5でおごってくださいよ~なんでね」
光「そうか~、大変やな」
剛「大変なんですよ」
光「夢の中とはいえ」
剛「とはいえね、ちょっと度が過ぎてるんじゃないかっていうね」
光「なるほど」
剛「車買ってくださいよー・・・」
光「あの、中間君が、番組の中で自分の人生を変えた1曲という話題になった時にあげたのが我々のHappy Happy Greeting という」
剛「あぁ、ちょっと気ぃつかったんですかねえ」
光「ふふふふふ(笑)うん、なんか気つかったんかな、やっぱ」
剛「気つかって、先輩の曲いっといた方がいいかな、みたいな」
光「うん」
剛「ちょ、Happy Happy Greeting です・・みたいな」
光「ジャニーズを知った入所のきっかけとなった曲だそうで」
剛「あ~、そうなんですね」
光「この曲達郎さんが」
剛「そう!」
光「くれた曲でね」
剛「名曲ですよ、こちらもね」
光「コーラスは達郎さんもいるし、まりやさんもいるしという、とてつもない」
剛「とてつもない歌です」
光「曲でございますよね。はい、さ、我々KinKi Kids12月19日に記念すべき40枚目となるシングル『会いたい、会いたい、会えない。』をリリースいたしました。この曲は久保田利伸さんにかいていただいた曲でございます。The Red Lightという曲をね、以前に」
剛「はい、かいていただきまして」
光「それを、もっとたどれば・・Funky Partyっていう曲を」
剛「そう、Funky Partyって曲もあります」
光「ありますけども。今回はね、今まで結構パンチのあるダンサブルな曲が多かったんですが、久保田さんからバラードを、ね、いただきました。まあ、あの久保田さんからもとにかくいい曲をキンキに、書きたい、書こうという思いで書いてくださったと。ほんとにありがたいなと、大事にね、これからも」
剛「大事にこれからも歌っていきたい曲がまた」
光「できましたね」
剛「我々のもとに届けられたということでね」
光「40枚目という、なんかこう節目となる」
剛「そうですね」
光「時にまた久保田さんに書いていただいたというのも、何かこう素敵なことだなと。ありがたいなという風に思っております」
剛「はい、ということでね、リスナーのみなさんももちろんですけど、ジャニーズWESTの2人にもね、聞いていただいたりしながら」
光「夢の中でね、聞いてもらえばいいんじゃないですか」
剛「夢の中で聞いてもらって、我々もKinKi Kidsどんなもんヤ!毎週月曜日レコメンの中で放送してますから、まあ、ぜし・・ぜしね」
光「ぜし(笑)今・・」
剛「ぜし、あの・・」
光「今、普通に出たでしょ(笑)」
剛「ぜし、あのレコメンファミリーとしてね、これからもお互い、刺激しあっていこうということで」
光「素でほんとに、ぜしって言ってる人結構初めて見た気がする 」
剛「ちなみにですね、KinKi Kidsどんなもんヤ!がですね、来年で放送から25周年を迎える」
光「そう、すごいよねえ」
剛「恐ろしいですね、あのラジオが25年続いてるっていう。まあ、前半最初のころは、あの、元気いっぱいやってたと思うんですけど」
光「そうよ、だからいまだに使われてるジングルね、どんなもんヤ!ってやつね、あれは一番初回の時に録った声です」
剛「ほんとに恥ずかしい声してんねーっていう」
光「まだ、声変わりちゃんと終わりきってないやんっていう」
剛「終わりきってないときのね」
光「感じですよね」
剛「まあでも、桐山くんも中間くんも、このラジオ長く続くようにってことでね、うん」
光「そうですね」
剛「いい感じにしてっちゃってよ」
光「まあ、我々のラジオも変な話、夢を見ながら聞いていただければ」
剛「まあもう、全然いいですわー。そんなに実のある話したことないんで」
光「ふははははははは(笑)」
剛「あのラジオ、ほんまに。でもまあ、そこが愛していただける理由だとするならばね、これからも実のない話続けていけたらなと思ってますので」
光「そうですね、まああのほんとに文化放送さんの方で、お願いですからもうちょっと、DJらしくやってくださいって言われたら全然しますけど」
剛「うん・・その要望は今のところないのでね」
光「まあでも、夢を見ながら聞いてください」
剛「聞いてもらうぐらいがちょうどいいラジオなんで。どんなもんヤ!のほうもどうぞよろしくお願い申し上げます。そして会いたい、会いたい、会えない。もね、是非よろしくお願い申し上げます。」
光「はい、その曲をね、聞いていただきたいと思います」
剛「思います」
光「KinKi Kidsでした」

剛「でした」




コメント直後の2人「すごいねえ、嬉しいねえ」いうてますが
すぐさま「剛くん、車買ってくださいよ~」と乗っかってますよw

「ありもせーへん話、あんだけふくらませるってすごくない?!」

って、ほめてんだか、なんなんだか(笑)

でも、ほんとにすごいのは、あれだけボケたおしてる剛さんを
拾うでなく突っ込むでなく、自然に受け流して進行する光一さんね(笑)

はいはい、またお父さんなんか言うてるわ・・って
熟年夫婦の趣を感じる



そうそう。どうやら、番組グッズをKinKi Kidsに渡しに行く・・という
野望があったらしいですけども

「無理やろ、あんだけローテンションでしゃべってる2人に、
 どうもー!桐山です!って行かれへん」

「剛くん、片目つぶってしゃべってない?」
「つっぷしてしゃべってんちゃうか、机に。眠たいんかな」

「キンキさんのあのテンション、深夜5時とかのテンション」



あっはっはっはっは(笑)
リアクション素晴らしい。さすがジャニーズWEST
好きなこと言うてるwww

っていうか、逆に深夜5時の方が光一さんまだ起きてるし
剛さん、なんなら早起きして、元気かもよ?(爆)




| ラジオ | 10:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://endlikids.blog100.fc2.com/tb.php/914-a4ce8722

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT