FC2ブログ

DOMOTO★Kids

KinKi Kidsに関する独断と偏見と個人的ななんやかんや

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「小喜利の私」10/16 【エンディング 後半】

『第24回 堂本剛 独演会「小喜利の私」』
京都劇場初日・・のエンディング

剛さんが語る「胸の内」後半でございます。

読んでいて切なくなったとか、ウルウルしたとか
『拍手』からのコメントいただきました。ありがとうございます

ワタシも、その場では言葉を拾うことに必死だったんですけども
後でメモを起こしたり整理したりしながら、改めて読んでると
時間差でウルウルしてました(←感情が鈍感・・・w)

でも、語ってる時の剛さんは、とても淡々と冷静に
事実を一つ一つ丁寧に並べてくれてる、という感じでした。
平和が好きな剛さんらしく


というわけで、続きです。
例によって、完璧ではないので参考程度にお納めください。



「難しいなーって時間をすごしてまして
音響さん、照明さんなど、スタッフが歩み寄ってくださって
ステージの中では、音量小さくしてもらったり
いろんな技術を使ってステージに立たせていただいた」

「今後僕がやるべきこと
退院してから続けてることを続けて
少しでも いい方向に進むようにするしかない」

「今の最大のラインより はるかに上のラインを
期待してる力があるなら、それを埋めなければいけない

ここでいいよ、って話になれば、立てるステージも増えるし
出来ることも増える

歩み寄る努力はやろうとは思います」




「これ、あんまり言わないほうがいいといわれるけど

今闘っているのが後遺症
治るものに対して治療してるわけでもない」

「ハウリングおこす後遺症
これが治るものではないと認識してもらえたら早い」

「よくなるとか、治るだろうという人たちがいる
その人達とお付き合いしようとすると、差を埋めないといけない
ここがMAXなんで、そこの価値観の違いが
正直しんどいなと思います」

「自分の意見を通して、傲慢に達成することが僕の人生ではない」

「僕がいえるコメントは、ここまでしか出来ない
あとはみなさんで考えてください」

「今はテレビ番組で歌ったり
出来るんであれば、ステージに立てる

退院してからは、いろんな積み重ねを少しずつ、ゆっくりなペース
僕なりのスピードでいくしかない」


「待ってくれる人がいるなら続ける。
待てないなといわれたら考えなきゃいけない、
っていうか、考えてあげなきゃいけない」

「僕の話じゃない話の中で、僕の話が・・
いかに腑に落として納得するか」


「webでも書いたけど
来年も一人の活動は自分のペースで身体と相談してやる
ライブはできる

レコーディングは、耳が変わってしまってて。
左が聞こえないと、後ろの気配の察知が減る

今まで、後ろ側を耳で見ていた。

踊ったりするのも、位置を耳で見てる
距離感がわからなくて、躓いたり、あれ?っていうことがおこる」


耳が聞こえにくいことによって、空間認識の能力も
落ちてしまうんですね
人間の身体ってすごい微妙なバランスで成り立ってるんだな(しみじみ)



知人のペットが調子悪くて病院に一緒に行った時
手術終わった猫がいて、左耳切除した猫だったそうで

「この子もがんばってるな
なんかこう動物って、察知したのか寄ってきて
かんばりやって言われた気がした」

「体を患って、この状況で今と未来を生きていく

一瞬でいろいろ考える時間だった
自分の治療につなげて奮い立たせる
そんな中だったから

くやしい、というか言葉にするのは難しい感情
残念、悲しいと思う」



「NHKのSONGS、まだ見てないけど 東大寺さんのライブ
この曲を歌って泣くと思わなかった
もうすぐ40になるのに・・
人前でガッツリ泣くことはないと思ってた

『このカラダまだいけるさ』という歌詞が
今の自分と重なって
こみあげて、しまった

東大寺で歌えたという感動もありましたけど
自分の身体がまだまだいけると信じたいのに
ここまでしかいけない、気持ちがあっても体がいけない
いろんな思いで涙にかわった」



また東大寺を思い出して涙ーー

やっぱり

やっぱり身体のことを思っての涙だったのね
ただでさえ見るたびに泣けてくるSONGSが
見れなくなっちゃうよ


あの東大寺はお母さんも見にきていて、心配してるそうで

「蜂の子粉末にしたやつ小分けにして持たせてくれた
母もつらいと思う
医者も何もできないなか
何かしてあげたいという思い」

「ひとつひとつに愛とか思いがつまってる
これえ耳が治らなくても幸せ
幸せに浸りながら飲んで
寝る前に飲んで、今日も寝てから飲んで・・
寝てから飲んだらつまる」


すごい心温まる母の愛の話を聞いてるんですけど
急に、寝てから飲んだら詰まる・・って。
笑いを挟んでくるからびっくりするやん(笑)
そりゃ小喜利だけども!


「実際姉も大変な治療に付き合ってくれた
痛い思いしながら鍼行ってたら
お姉ちゃんも体験するわって冗談いってたけど
よくこんな痛いのしてるな」


お姉さん、痛みに強いはずなのに、
痛いっていうてたそうで。


「いろんな事試してますけどね
もしかしたら急によくなるかもしれない、
いつどうなるかわからない」

いつよくなるか、わかれば苦労しない
結婚する人がわかれば楽やけど
わからないものと向き合ってる
理解してもらって協力してもらわなければいけない」


わかってれば苦労しない例えに
将来結婚する人を出しましたよ(笑)



「テレパシー使えたら
しゃべらなくてもみんなに2秒くらいで・・・(←顔に力入れてる)
へぇー、・・・で終わる

こうやって言葉を使って、対面して話をするのも大事」



「1回目で、すごいふわふわでしたけど
ファンのみなさんの代表者として
胸の内を聞いてもらうことにしようかな

初日、素の状態だった、
毎回話してもいいけど、明日お笑いスイッチ入ったら、
しゃべれないかも

みなさんに押しつけになったかもしれないけど
ファンの代表として今の胸中を聞いてもらいました

みなさんの中で、困惑してることやたまっていることあるだろうな。

言葉でしゃべる機会があればしゃべるけど
初日のみなさんに聞いていただいて
伝えていってほしい ・・・というのも変だけど
代表で聞いてもらえればと」


ファンの代表として・・という言葉にグッときましたよ
たまたまこの日に入ってる人たちですけども
剛さんがファンを大切に、そして信頼している気持ちが伝わってくる言葉だったな


「年末年始は、久しぶりに家族とお正月を何年ぶりかでやるか
わからない」


「歌番組、お声がけいただくと思う
テレビでは見ていただけるとは思う

一つ一つ大切にやっていこうと思ってる
来年も小喜利も含めて
世界に行こうとしてますけど(笑)
世界に行かなくていいから、また出来れば」


オープニングで、オリンピックにからめて
世界の人が小喜利で笑顔に!KOGIRI!みたいなこと
やりましたんでね(笑)

「来年二人の活動も提案してるので
こういうのなら叶えられる話はしてるので
みんなで話し合ってくださいとしか」


「アンプラグド、アコースティックのように
ないよと言われたら、考えなきゃいけない

考えるのも生きているからこそ
魂になってしまっては、考えることもできない」

いやもう、そんな究極の話!!


「一回きりの人生歩いて行けたら」

「小喜利もふわっと始まったけど、続きました」


「いつかね、バンドメンバーも、
この人とこの人セッションすることない人同士組み合わせるように

お笑い芸人さんのイベント、この組み合わせないよねという
お笑いファンクバンド作りたい

すごい変な人がめちゃめちゃいて
その中に僕が漂っているお笑いイベントやってみたい」


お笑いのビッグバンド的なこと考えてますか?!
生きてる限りいろんなこと考えますよ(笑)


「この人たちなにやってんの?

最初にENDLICHERI☆ENDLICHERIを見たときの顔になるような

無言で隣の人の肩を叩くような

ああいうパラレルワールドにお笑いでも連れていきたい
どんどん癖になっていくような」


剛さんの頭の中ではビジョンができてるんでしょうか。
さっぱり想像がつかない(笑)


「コバタツくんはじめ友達出来てる
たくらんでる

小喜利じゃないイベントで
やってみるのもいいかな
思うことは止まらない

新たにできる時が来ましたら足を運んでください」


足を運べるようなキャパと日程でお願いします(笑)



「いつも温かい愛で包んでいただいて感謝してます

苦しくなった時、空を見て、つながってるなー
思いながら深呼吸したり

語らずとも理解してくれる人いるだろう
信じて空を見上げる

みなさんとつながれる空」


ああ、リアルLoveFighter・・・

「出来ればステージでたくさん会えますように
願いを込めて普通なら一本締めですが
24本締め」


え。24本?!マジで!

「パパパンを8回、末広がりやれば24回

やったことない。

いよーお!と言ったら、ぱぱぱん、

コバタツくんもやる?」



あ、橋本くん、出てきた。
一緒に24本締めやりますよ
お手を拝借しまして

「いよーお!」


あ、数かぞえんの忘れてたw
前代未聞の24本締めやりましたよ(笑)


最後は中央で深々とお辞儀

両手を振ってはけていかれる剛さん
舞台袖にはけるまえ、両手で投げキスしていくんですけど
見事に「CHU!」って音出すんですよ。

あんなキュートな投げキスするアラフォーなかなかないわ




というわけでワタシの個人的な思いなどは、また別のエントリーにて。

| 剛ソロ | 16:05 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018/10/28 13:53 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://endlikids.blog100.fc2.com/tb.php/827-f8ff7599

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT