FC2ブログ

DOMOTO★Kids

KinKi Kidsに関する独断と偏見と個人的ななんやかんや

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

SONGS 『堂本剛 × 奈良の魂が奏でる音』【1】

季節はずれの暑さのなか、風邪を引いてしまったワタシ。
バカなのに・・風邪引かないはずなのに・・

ほんで、色々噛みしめてるヒマなんてないことに気づきました。
来週はカタカナさんとのラジオがあり、さらに小喜利があり
そうこうしてたら、アーサイトのSONGSもやってきて

あっという間に年末になるであろう。


ここは1つ、Show must go onの精神で、SONGSに踏み出すわ!


待ちに待ったSONGSをリアルタイムで見るために
わざわざ直前に仮眠までしたワタクシ
(そんな深夜でもないよw)


ワクワクを焦らすように10分遅れで始まったんですけどね。


い、いきなり歌ってるーーーー!







・・姿に被ってSONGS・・シゲのナレーションは
ソロアーティストとしての堂本剛・・

って、そうか、堂本剛やった。ENDRECHERIじゃなかった
まだそこまで攻めてなかったw


いつのまにか責任者になってた大泉洋ちゃん

「ちょっと個人的にお付き合いありますよ」

聞き捨てならん。どの程度のお付き合いなんだね!

「まぁ面白い方ですわ」

って、なんなの、その顔はw
参っちゃったな、みたいな、やれやれ、みたいな。


そして画面二分割して、となりに面白い剛さんをありがとうSONGSさん!!

ドラムのスティックで、ストレッチしてるのか
ただ遊んでるのか・・・

可愛い顔して必死にやってますよ
腕折れそうになってますけどw

 
「電話とかした時もえらい笑ったなあ」


そして、絶妙な笑顔の剛さんが隣に映ってます。

っていうか、電話で笑わされてる場合なの、洋ちゃんw



そして、画面が引きになると
隣のイスには、巨大Sankakuが(笑)
あっはっはっは(笑)これ加工じゃなくて、立体なのね?!
いや、平面だけど、実物なのねw


「これ、なんすか?」

指さしてますけど、クーさんを知らないようじゃ、
剛さんと付き合いがあるとは言わせないぜ、洋ちゃん

(BGM:去な宇宙)

ソロプロジェクトを行う時のパートナーってテロップ出てますけど。

・・大丈夫?パートナーで大丈夫?(笑)

事情をよく知らない人の脳内に、いろんな画が巻き起こってんじゃない?(爆)


「ツーショットの意味ってあるんですか?」

なんだと!洋ちゃん!こちとらうらやましいわ!
もう、クーさんのソロショットにしてまえ!


えーっと、独自の世界観が注目を集める堂本剛・・的なナレーションはいりまして


おおおおっ!!


愛get暴動 世界!!!


参考映像はTU FUNK TUOR 2015よ

うわー!!行ったよね?行ったやつ、これ。
で、DVD見てないやつやね、きっと(笑)

FUNKをイマイチ知らない洋ちゃん
視聴者代表な感想をありがとう


あっレコーディング風景もあるよっ!

タケちゃんと、滋賀のヤンキー(←多聞だってば)と
3人で、指ぱっちんしてるやつ


剛さんは黒のタンクトップ、ENDRECHERIのスウェットに
ビリジアンのベレー帽。首からクリスタルのクナイ(違)

ソファにうつ伏せで寝そべってたりキーボードの前に座ってたり
様々なバリエーションでご覧頂けます

レコーディングブースには、ミドリの髪のダッチと、赤い帽子のKenKen
クリスマスなんていらないくらいのクリスマスカラーやん(笑)

そして、ピンクのタンクトップに、カーキの帽子のプロデューサー剛が
「良かったですよぉ」

完全にフザけてるw


んぬううおおおおお!!

東大寺LIVE!!!!が!!


ほ、ほら!!
乳首見えそうなタンクトップの剛さんがっ!ギター弾いてるっ(興奮)

大仏殿の中にサイケな照明が!
そして大仏さんに向かってギターを捧げる剛さん

こんなに早くこの姿が見れるとはーーーーーっ!

サンキューSONGS、ありがとうございます


あれ?雨降ってるな?
ちょうどあの、クリスタル触ってた時かな?
(もしくはリハかな?)



『堂本剛 × 奈良の魂が奏でる音』

タイトルテロップ出てきた。

シゲ「彼の心の中を覗いてみたい」

それは恐れ多い。



っていうか、まだ2分半なんですよ。
本編始まる前のさわりなんですよ?

このペースでやってたら死ぬ(爆)




はい、これから始まるんですよ。
改めまして番組スタート。

今年6月。新曲のレコーディング風景からです。
黒いタンクトップにベレー帽ね。
うっすら口ひげも生えてるね

タケちゃんの横に座って歌詞を見ながら

剛「リズムとメロはまだできてないけど」

テーブルを両手で叩きながら、鼻歌っぽく歌う
それは、funkyレジ袋ではないか

剛「だんだんアッパーになっていくイメージで・・」

真面目な顔してるけど説明はふんわり。
タケちゃん、感じて。


で、指ぱっちんのシーンね。

ポール牧に見えてきたってタケちゃん言うてますけど
絶対少年隊もやってるよね?w
3人だしね。

『編曲を共に手掛けたギタリスト竹内朋康』 って
かっこいいテロップ出してもらってるタケちゃん

ある時は感じることが得意なラッパーミスターフー



そしてダッチの隣で、ソファにごろんと、腹這いになって
なんか書いてる剛さん

く・・くそぅ、可愛いなあ
39やで?世間やったらまあまあいいオッサンやで
多聞がやっても可愛くないでw



剛「・・え?」

真面目に仕事してる(はず)の剛さんに
ギターのソフトケースが座椅子みたいなカッコになってるからって
多聞がいじるわけですよ(笑)

剛「座ってたよね、誰か、席はずしてるよね」

って、剛さんも乗っかるという。
なんでしょう、このノリ
関西人っぽいなあ(笑)
(まぎれもなく関西人たち)



>レコーディングはこんな雰囲気ですか?って聞かれて

はい?と、ヒジついて答える剛さん。ゆる~っ


>穏やかですよね、

剛「よく言われますけどね、緊張感がないんですね、とか」

その座り方にも、緊張感のかけらもないよ。
くつろぎの権化


剛「FUNKやってるとしょうもないこととか笑えることも絶対スパイスになるんで
余白を結構空けた状態で、現場にとりあえず入ってしまうって感じですかね」


とりあえずアレンジ何も決めないで現場に行って
メンバーにまかせる・・っていうことをかっこよく言うてますね?

その言葉にかぶせて、バンドメンバーと仲良く談笑してるシーンとか
「one more purple funk... -硬命 katana-」のレコーディング
KenKenがいるやつ。

レコーディングブースを真剣な顔して、
ちょっとおちょぼ口で、見守る剛さん

謎の占い師みたいな感じですけど


剛「友だちとか家族とか仲間っていう関係性が鳴ってる方が
絶対的にいいのでこれぐらい緩く雑談しながら
いい意味でですけど、テキトーにやった方がカッコイイもんが
最終的に出来上がるっていう」


相当カッコイイミュージシャン揃えてますからね。
そして信頼関係あった上での、テキトーですから(笑)
カッコイイもんしか出来ないですよね


というわけで、1曲目

『one more purple funk... -硬命 katana-』


キーボードの旋律から

うわあ、これライブで聞けるのいいなあ
しかもKenKenのベースで!!


あ、でも、わーーもーーぱーーぽーーふぁーーーは
剛さん、歌わずに、ギター弾いてるな


スティーブさん、両手でえらい激しく叩いてる
何かと思ったら、アレはトラックのバンパーらしい。マジか!!
忍者みたいなカッコやし

あー、KenKenのベース、上がるーー

三味線を意識した剛さんのギター

このクセだらけの歌をクセだらけで歌うENDRECHERI
そしてクセだらけのミュージシャン


かっこよくないわけがない。


あれ?いつから渉がキーボードになったのかと思ったら岳五郎!久しぶり!


顔でギター弾いてるかと思ったら
ふいに音がやんで、静かにエフェクターのスイッチ切って
すん・・ってしてる剛さん


エンディングらしく盛り上げるでなく、フェイドアウトするでなく
ふつっ・・と終わる独特な感じ

心だけが先に行ってしまって取り残されたみたいなので

続く

| TV・ラジオ | 15:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://endlikids.blog100.fc2.com/tb.php/805-b7912ab5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT