DOMOTO★Kids

KinKi Kidsに関する独断と偏見と個人的ななんやかんや

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ENDRECHERI』 大阪/Zepp Osaka Bayside 5/15【2】


連日・・・ほんとに連日、ENDRECHERIネタでなんかすみません
これがまた、追加公演が決まりまして、またもやお祭り状態ですよ。
神戸がオーラスになるだなんて、ほんまに!!

ただ、当たらないと、逆にこんなに悲しいことはないわけで・・・

はー・・・ナイツ・テイルも追加公演してくれへんかなあ(遠い目)


というわけで、ENDRECHERIライブですが、
ライブ部分は、2日間ごちゃ混ぜになってるところもありますが
MCは、今のところ15日分だけです。

それでは、どうぞー


ENDRECHERI TSUYOSHI DOMOTO 
大阪/Zepp Osaka Bayside




三角形のピンスポの中にすっぽりおさまるエンドリさん
これは新たな結界か?!

『去な 宇宙』

上から見てるとレーザー飛び交ってて、キレイやな~~
下から見ると、キラキラした紙吹雪状のものを飛ばしていて
それにレーザーがあたって、キラキラしてたんだな

ゆったりとムードのある曲がキラキラしたレーザーと相まって
さらに幻想的

間奏でギター弾くエンドリさん

エフェクターボードが結構デカいですが
哀愁のある音色ですよ
これはフランジャーかな?(知らんけどw)


ギターをベースに持ち替えるエンドリさん

それにしても、ほとんど照明は暗いです(笑)
ボーカルにだけ、ピカーっとしたピンスポあてるわけではないので
物理的に見えないというのもあるけど
暗がりで見えないというのもかなりあるな~



規則正しく響くバスドラの音

和楽器のような音は、何から出てるんだろう?
鍵盤かな?ギターじゃないよね?

ただでさえアレンジが違うし
知ってるけど、タイトルが出てこない~~・・って
苦悩してましたが、2日目はタイトル言うてくれたわ(笑)

『Believe in intuition...』


サビはレーザーが飛び交い
サンカクの光りの中

2階から見てるとレーザーの海に沈んでいくような感じだったなあ

さらに鈴の音に、マントラのようなコーラスの声がトリップする~~

ふと気が付くと、後ろの三角のオブジェが鏡になって
エンドリさんの後ろ姿が映ってる!!
むしろ正面から見るより明るく映ってる(笑)


渉くんと向かい合わせになって、ベースでセッションもしてたなー
いやあ、テンション上がる~


キーボードがジャジーなメロディーを奏で
そのリズムにのってギター弾いてる

この時点では、全くなんだかわからない(笑)
歌い出してやっと、ああああっ!

『NIPPON』

・・って、タイトルは出てこなかったんですけどね(笑)
あんなにNIPPONって連呼してるのに


エンドリさんは歪んだギター

そういえば、ドラムとか、パーカッションとかは
透明なアクリルのパーテーションにがっつり囲まれてましたな。
(エンドリさんの耳を考慮してと思われます)
(ちょっと周りを見る余裕が出てきたw)

そして、渉のベースは5弦だったわ!



MC

「MCでーす」

ゆるっと宣言して始まるMC

「座ってくださいが言えなくてごめんね」

ドームじゃないんでね、席ありませんから(笑)
2階は席ありましたんでMC中は座りましたけど


「前の人はひじかけあるけど・・」

肘掛けというか、ブロックの仕切りなんですけども
それがあるとないとでは大きな違い。


ステージを右に左に歩くと、わーきゃー言われるんで

「オリンピックのパレードみたい」

あははははは(笑)
オリンピックっていうか、ワタクシの脳内では、
羽生君の凱旋パレードが浮かびましたよ?(笑)


「短パン部門で出ようと思います」

何のオリンピックなんですかw


「フって鼻で笑うのやめてもらっていいですか」

え?聞こえた?・・・かと思ったら、
コーラス方面から鼻で笑われたんですねw

さらに、法隆寺の近くって顔に出てると、いじられる砂ちゃん


「ENDRECHERI スペルをかえました」

「ENDLICHERI☆ENDLICHERIをずっとやっていたかった
っていう話を雑誌やラジオで聞いてくれてると思いますが・・」


って、よく言うてましたよ。
確かに雑誌でもあちこちで同じようなこと書いてましたけど
ラジオはね、bayfmは大阪では聞けないんですよ、エンドリさん

有料やと聞けるんですけどね。
みんな、そら聞いてるよね?っていう前提ですね(笑)


スタッフやバンドメンバーがバックステージのホワイトボードに
ヘタなsankaku描いてたらしい

「僕が描くのが上手いなと、但し書きしておきました」

sankakuの添削


えーと、忘れてたんですけど、剛さんのMCはメモるもんじゃなかったな(笑)
かいつまんでしかメモれてないので、はしょってたり
付け足したりしてますが、だいたい間違ってないと思うんですが
その点ご了承ください



「エンドリケリーは、自己の開放

支配権力、そう言う世の中、寂しいと思ってる
エンドリケリーではそう言う気持ちにならなくていいよ

と、思ってやってたんですけど、現場に来ない人が怖かったのか
堂本剛はどこにいったと聞かれる

青山テルマじゃないけど、ここにいるよと


そう来たか!(笑)
そんな手法も使うようになった帰ってきたエンドリさん


「ファンクとロックの違いは?
ロックはOK、ファンクは理解不能

みんなと会う機会が減るんじゃないか
泣く泣くエンドリはやめた

「やめますじゃあ」

どこかで本当のひらめきや
この世界いいなと思ったものが強かった


耳を患って、病室で20何年やってきたことはなんやったんや

人生1回やし、レコード会社、スタッフふくめ
話をきいて、エンドリケリーやってみたい、どう思う?

その世界、好きだったという人多かったんで、
もう一回やろうかな」



突発性難聴になったことで、やりたいことをやろうと思ったんですね。


「過去の音楽、ビジュアル含め、融合させながら音楽やっていけたら」

「ファンクって何?と聞かれる。

ファンク鳴ってるから、聞いて?

そんなに整理整頓しないとダメ?

仲間、オーディエンス、バンドが鳴ってる音楽

音色、グルーブの定義はあるけど
どの音楽も影響されてる

70年代の歌謡曲は、まんまファンク
ミュージシャンはファンクに影響されてる」



ファンクって何?というのを、聞かれてうんざりしてる感じです

そして、新しいバンドメンバーが増えていく経緯について

「新しい人も、友だちの友だち
剛くんに合う人がいる、会わせたい人がいる
って声かけてもらって、一緒にやってる。

スティーブやタケちゃんが紹介してくれた」


「法隆寺まできました」


根に持ってるwww

「奈良市から斑鳩まで」

そんな狭い範囲で言われましても(笑)
あ、地球をぐるっと一周してきた感じかな?w

そんな感じで、こっちから選んでないバンドメンバーが集まるそうで

「変な人が来れば来るほど
まとまるのかな?」


後ろで大きくうなずいてるバンドメンバーw
変な人の集まりなんですね(知ってたけど)


「それがファンク

合わせてどういう現象が起きるか
それも楽しみ」


そんなバンドメンバーとは、付き合い長い人も出来てきましたよ

「僕も39なっちゃったしな
竹内くんが結婚するとは思わなかった」

タケちゃんも、僕も思わなかった、言うてる(笑)

「不思議。人の生活が変わっていく
タケちゃんが、お父さんになったんや」

「オレ短パンはいてる場合ちゃうかな?」


だいじょうぶ。顔に朱肉の人もいてるからw


「人は人をつなげてくれる

ENDLICHERI☆ENDLICHERI、ファンの人が色んなことを楽しみながら
はじめてくれた

ENDRECHERIも、色々楽しんで
みなさんがつくる、ルールって言うと違うけど」



「何度も耳のこと言って申し訳ないけど」


って、前置きしてくれますが
むしろ耳のことを話してくれるのは嬉しいですよね。

「次から作る曲、どういうファンクがつくれるか考えてる。
楽しみながらというと変だけど
今の現実だから、自分を試したろかな」


耳を患ってるという現実を受け入れて
新しい曲も作ってるそうで。

「楽屋で出来たしょーもない曲
サスペンダーがあたって、じんま疹でてきた」


え?サスペンダーしてたんや?!・・くらい見えてませんけど
当たってじんま疹が出たってことは、素肌にサスペンダーしてたんかな?

じんま疹を、神の機械、

「神機械(ジンマシン)」

おおお!マシンの歌!!(違www)


ジンマシン~って言ってただけ

そんな風に曲が出来るのは、ファンク」




HYBRID FUNKのレコーディング話も。

「みんなぽかーんとしてた。
軽いプリプロを聞いてもらって、スタジオ入って
鳴らして、1テイク目つかった

みなさんの人間力、ファーストテイクがすごい」


完全にバンドメンバーの方を向いてしゃべってます

「形式張った音楽がつまらない
ファーストテイクがいいな

今後もよろしくお願いしますね」


エフェクター踏みつつ可愛らしく言うてます
(くれぐれもバンドメンバーに)


MCはまだまだ続きます

| 剛ソロ | 19:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://endlikids.blog100.fc2.com/tb.php/711-54d8f15c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT