DOMOTO★Kids

KinKi Kidsに関する独断と偏見と個人的ななんやかんや

2016年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

祝!はじまったね!

はじまりましたね

We are KinKi Kids

一番好きなフレーズですよ、オレたちKinKi Kids

で、テンションが昨日から迷子です
始まってはいるが、見たいのに見れない
ネタバレがイヤなわけじゃないが、ついったも追ったり追わなかったり
知りたかったり知りたくなかったり
(いや、全部知りたいわ!!)

そうこうしてたら、なんだって?
ドームの日程が決まっただと?

元旦、2日が大阪だと?!



はああああ(@@)




一夜明けて、ちょっと落ち着いて(ほんとにちょっとだけね)
考えたら、武道館で始まった俺たちKinKi Kidsのオーラスは
京セラドームになる感じですか?!

ぎゃー行きたい
行かねば

オレが行かねば誰が行く
(みんな行くから安心しろ





というわけで、WSですけど、めざましテレビしか捕獲出来てませんが

うわーーー、やっぱすごいな~~、めっちゃ綺麗な照明~~

・・って、これドームじゃないんだよね
武道館だよね。アリーナクラスでコレ見ちゃったらどうなるんだろう


上下ステージの「薔薇と太陽」をちらっと
(ああ、ダンサーさんは、あのダンサーさんじゃないんだな)


そして「ジェットコースターロマンス」「硝子の少年」
剛さんの、白くて大きなハット!!完全に避暑地のマダムやな

そして新曲も唄ったんですよ!ちらりとOAしてくれましたが
ああ・・キー高いですか?光一さん(ニヤリ)
剛さんのボーカルが・・・たったこれだけでも、ぐっとくるなあ

初披露は新曲だけじゃないと。
ん?何を披露したんだ?

剛「光一君が最近あみ出した、ラップが出来ないけどオレはラップをやるぜって
キャラクターがあるんですよ」


光「YO!YO!♪ここは武道館、上には玉ねぎ、ねぎらいが欲しいぜ!YO!」






えーっと・・・どうしよう(爆)


韻を踏んでるっていうか、しりとりしてるっていうか
そして、そもそものノリがなんか違う
なんかっていうか、劇的に違う(笑)
出来なさすぎにもほどがあるwww
ラッパー指ぱっちんしてたっけな?w




「20周年Yearに突入したKinKi Kidsの新たな魅力になりそうです」

ならんでええわ!!(爆)

そんなナレーションしれっと入れないでよ(笑)
お茶の間が真に受けるじゃないか

いや、もう真に受けないか。
っていうか、受けてもいいか(笑)


その時、剛さんは、ベレー帽に、ロングジャケットをはだけてるんかな?
衣装も絶妙だし

光一さんも、TLでちらっと見たけど、髪型が途中でお色直しあるようだし




なんだろう。毎年恒例ドームの時はそうでもないのに
なんか、今回心拍数上がるなあ・・・
珍しくグッズも欲しくなっちゃってますしね
ああ。ちゃんと買えるかなー


20周年Yearで一回りして原点回帰しちゃってるかなあ(笑)
ふっふっふ ←やっぱりテンションはおかしい


| なんやかんや | 15:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Mステ ウルトラフェスのキンキさん

さすが20周年Year!!
アルバムリリース前後のキャンペーンすさまじく(笑)
様々に巻き込まれておりますが、ちょっと落ち着いてさかのぼりましょう
(Nアルバムのポイント登録は25日までなのでお忘れなく~)

これ、いつだっけね。
あ、19日ですね。敬老の日。
Mステ ウルトラフェスですよ。
むやみに長い音楽番組をむやみに録画して
まだ前半見てないっていうね・・

キンキさんが出ていたのは、後半っていうか終盤ですから。

最後のジャニーズウルトラヒットメドレー
どうやら、デビュー順に集めてメドレーしてたんですね!(笑)

というわけで、
97年デビューのKinKi Kidsと
95年のV6、94年のTOKIOとくれば・・

J-FRIENDS!!

全員、EXシアター六本木のステージにいますよ

なんか黒くてガサガサした集団の左端に
掃き溜めに鶴のように、白い2人が!!!

わざと?わざとなの?(笑)


3組の交流を聞かれてますけど
交流もなにもJ-FRIENDSだからなあ・・っていう話は
一切出てきませんが、珍しく口火を切る剛さん


剛「僕は、岡田くんと・・・」


剛さんが岡田の名前を出しただけで歓声があがる客席w
っていうか、前回KinKi Kidsしゃべってないから
今回はしゃべれよっていう、アレなのか(笑)
20周年Yearだしね


剛「関西一面白くない岡田くんと」

岡田「どうも、面白くない岡田です」

ほんまや!面白くない!(爆)

そんな人達の真ん中で、衣装をパツパツにさせて
無言でほほえむ光一さん


岡田は、つけヒゲをとりなさいっていじられております。
確かにつけヒゲみたいに、立派なヒゲを(笑)
面白くならずに、ただカッコイイから!

周りからやいやい言われて、みんな一度にしゃべるから
なんだかわからんやないか!

剛さん、改めて岡田のほうに向き直り

剛「とりなさい」


収拾つかなくなってきました。
次いきましょうw


「僕長瀬が、光一君の家に・・」

挙手してしゃべる長瀬(笑)

おお、今度は光一さん!
20周年YearのKinKi Kidsをフィーチャーしてくれるんだね
いつも隠れてるから、衣装も目立つようにしてくれたんだね
ありがとうありがとう


長瀬「箸を頂きにいきまして」


は?何の話や?(爆)


長瀬「今ご近所なんですよ」

え?どっちが引っ越した?
どっちでもいいけど(笑)
近所になったから、醤油を借りに行くとかならわかるけど
箸って・・・そないに貸し借りするもんかね?

光「ぶらっと、箸を・・ちょうだいって」


箸ってぶらっともらいに行くもんかね?
はっ!?もしかして、箸って何かの隠語なの?

・・それとも、会いに行く口実が箸だったの?(爆)


そんなことよりも

光「共同玄関のところのカメラあるじゃないですか」


オートロックって言うてくれ、光一さん

共同トイレのアパートが思い浮かんでもうたやんwww

背が高いからカメラに口しか映ってないとかどうでもええわ。
じゃあ、剛さんが行ったら、頭頂部しか映らないとかか。
失礼な!(失礼なのはワタシかw)

で、なぜか2膳くれたらしい。
気を利かせたのか・・・どうせまた借りにくるやろから
先に渡しとけと思ったのか。

でもまあ、箸ちょうだいって来た人に、
2膳渡すという心遣いは、ステキですね。
さすが座長ですね

そんな話の途中ですが、ごめんねと入ってきた剛さん
岡田に、ヒゲとれ言うてますよ

どんだけコントを繰り広げるのだ、KinKi Kids

岡田をどんなにいじっても、美味しい返しは帰ってこないんだから(爆)
ただアップになって、カッコイイだけだからwww

そんな中ちょっといいですか、と太一くん
真面目な顔してるから、山口くんの離婚の報告でもするのかと思ったら
(しねーわ、そんなもんw)

森田剛と太一くんとの犬猿のコントがお約束で勃発
ああ、ケンカしたらリーダーが泣いてるよ(爆)
楽しそうやな~

最後はマボのよどみない番宣で終わりましたな

さ、いい加減歌行きましょう
KinKi Kidsからですよ



『硝子の少年』だわ~

さすがにバンドも、バックもいないな、
ちっちゃくて白い2人だけ


いやでも、やっぱ光一さんの衣装にちょっとウケる
何を裾につけてはりますのん?(笑)

光一さんは、パツパツになられてるが
剛さん、ほおこけてますよね?
映画の撮影が大変やったんかなあ・・としのばれる

おお、サビから急に踊り出した
ラスト、剛さんがくるりっと、ターンして
続いては・・・ああっ!このイントロすきっ!!!

好きなんだけど、イントロとタイトルと、サビが見事に繋がらないワタシ
なんで?(爆)どこで記憶の糸が絡まった??
いつもコンサートでも、ウソクソのタイトルメモってるんだよなー

『Anniversary』 ですけどね。

見事なAnniversary だった・・・

光一さんパートで、カメラ目線のまま無言で寄り添ってくる剛さん!!

ど・・どうした?なんのご褒美ですか?!
寄り添うのがブームなの?w
っていうか、立ち位置の背後をとるのが流行りなのか、KinKi Kids

そして、寄り添われてるパツパツの光一さん、笑おうか、どうしようか
困ったあげく、春日(@オードリー)みたいな顔になってるよ!!(爆)

隣で剛さんが美しすぎる真顔でボケ続けてます(笑)
そこで笑わないことで、オレはおかしなことしてないで
・・というフリをカメラ目線でw


ボクは迷わずにキミを選んだだろう


と、歌わせて満足したので、歌いながらふわっと離れたわ

剛さん、ぐっじょーーぶ!

最高のAnniversary ありがとうーーー!


そして、あああああっ、光一さんの苦しげな上ハモ!(←大好物)



キミヲアイシテル 


・・・歌う背景が、これ、絶対・・動画作った人!!
絶対「君の名は」見たでしょう!!!
どう考えても映画のシーン思い出すやんw

もう、ニヤニヤしてしまうわ~~~

なんかもう、色々とありがとう


最後は「続いては、V6で・・」って進行もして
隣では、無言のまま指で6を作る剛さん
はー、楽しかった。

願わくば最後に、みんな揃ってJ-FRIENDSをワンフレーズだけでも
歌ってくれたら、どんなにか記念になったことだか
残念であった・・・



あ、剛さんの寄り添いは、そのうち、どんなもんヤ!で真相を語ってくれるかな







| TV・ラジオ | 15:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

祝!18周年・・・だよな?

本日はサイト開設記念日!
KinKi Kidsのデビュー翌年にサイトオープンしたので
常にKinKi Kidsマイナス1年をしてればいいと思ってるワタクシ


ただいま、絶賛20周年Year中のキンキさん

ってことは、KinKi【WITH】Kidsは19周年Yearってことですか?!(爆)


ただでさえ、毎年なんだかよくわからないのに
さらによくわからなくなってきてますが


去年が17周年だったので、今年は普通に18周年のはずです。
世が世なら成人ですな

去年全面リニューアルをして、1年くらいじゃ、まだそこら中
Coming Soonの嵐ですね
やる気あんのか?コラ・・って我ながら思いますが
ものすごーーく、すこーーーしずつ、やってる次第でございます。

相変わらずというか、日に日に、年々、ゆるーっと
だらーーっとしてるわけですが、今年はキンキさんも20周年Year

リリースは続くわ、アリーナツアーは始まるわで
老体にむち打って、しがみついて、引きずられてる感じですが(笑)
気持ちだけでも、盛りあがってついて行きたいと思います

・・って決意表明してる場合じゃないな。

そんなゆるーーーっとしたサイトに、温かい目を注ぎつつ
お付き合いくださってるみなさまにも、厚く御礼申し上げます

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます

なんとか、サイトも20周年Year、そして20周年と
続けて行けたらいいなあと


そんな今日この頃ですが!
せっかくなので、サイトにも新たな風を(笑)

メルマガでは以前お知らせいたしましたが
なんとLINEスタンプをリリースいたしました(爆)

LINEスタンプ『ツタンカーメン★のりこ!』
https://store.line.me/stickershop/product/1320162/ja


どんなもんヤ!で読んでもらって、剛JAPANの称号を頂いたのは
もう2年も前なんで、今さらですが(笑)

(2年も前のどんなもんヤ!→2014年9月24日(水)

よかったら、スタンプ見てウケて頂ければ・・
さりげなく、ゴールキーパーも紛れ込んでますYO!





| なんやかんや | 15:12 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9/16 TOKYO FM「鈴木おさむのよんぱち」

こちらはTOKYO FMの生放送に、KinKi Kidsが2人でゲストという!!
めちゃめちゃ珍しいじゃないですか?!
ラジオは収録とか、コメントはよくありますけど

生放送に!2人で!って!!

しかもというか、やはりというか、面白かったので
結構長かったんですが、起こしてみました。
ええ。2日がかりでした(爆)


TOKYO FM「鈴木おさむのよんぱち」


冒頭、鈴木おさむです・・・がフェイドインしたり
なんか、ばたばたしてましたよ。どうしたどうした?


>・・・あ、いいんですね、ごめんなさいね、すいません、放送作家の鈴木おさむでーす。この番組14年やってるんですけど、珍しいですよ

剛「何を・・(笑)何が起こったんですか」
光「生放送ですよね?(笑)」

>生放送です(笑)KinKi Kidsのお二人です、どうも

剛「よろしくお願いします」
光「いやあ」

>一応自己紹介的なやついいですか、もらって

光「自己紹介(笑)最近したことないなあ」

>でしょ?!したことないでしょ

光「参ったな、急にびっくりするなあ」

>だってどっちの声かわからないみたいな。ラジオですから

光「そうですねー、今この声は光一の方です」
剛「で、この声が剛です。よろしくお願いします」

>あんまり言われないでしょ、そういうこと

剛「そうですね」
光「確かに」

>珍しいですね、2人でプロモーションするの

剛「うーーーん」
光「そう・・・ね、んー、どうかな?そんな珍しいとも思ってないんですけど」

>でも、あんまりしないでしょ、あんまりゲストとか出てるの見たことない

剛「あんまり、そうですね。あの・・昔から・・そんなにしてないかもしれないですね」
光「よりも・・おさむさん、ほんとに久しぶりというか」

>僕は2人は超久しぶりですよ

光「ずっと前にね」

>僕は、キンキラキンキワールド

光「そうですよ」

>立ち上げ。それよりも、僕はTOKYOFMで、一番最初に仕事をしたジャニーズがKinKi Kidsなんですよ

光「え?!TOKYOFMで?!全く記憶にない」

>えっとね、光一君がね、家なき子?

剛「うん、うん」
光「ひゃははははは(笑)」

>やってたでしょ

光「恐ろしいなあ(笑)」

>やってた時で、で、安達祐実さんと確かキスシーンがあったんですよ

光「ありましたありました」

>安達祐実のキスシーンがどういうキスだったか再現しようみたいなことを。僕もまだ当時ガリガリしてましたから

剛「んふふふふ(笑)」
光「いやいや・・」

>アイドルだか知らないけど、みたいな感じで、当時、あの頃いくつ?

光「じゅう・・4,5じゃないですか?もっと前かな?それぐらいですよ」
剛「じゅう・・よん・・」
光「だから、キンキラキンキワールドって番組やっていただいた時も、まあ、なんかありえへんような企画をね」

>そう、やってた!

剛「うん、やってた」

>だから、あれでキンキの番組をやったあとに、そのあと木村くんのラジオやってるんですよ

光「ああ・・そうなんですねー」
剛「へぇ~~!」

>だから、あの時にディレクターがキンキで面白い作家がいたぞみたいな感じになって

剛「なぁるほど(笑)」

>だから、アレがなければたぶんSMAPと出逢ってないでしょうね

光「へえ」
剛「おさむさんが、ああいうユーモアのある時間を・・」

>ふふ(笑)ユーモアってやめてくんない(笑)

剛「ユー・・生放送やから。ユーモアの、あるものをいっぱいやってくれたことで、僕らたぶんこんな感じになった・・」

>関係ないわ!元々資質があったでしょう

光「ある意味ね。もうなんでもええんちゃうかなみたいな感じになってしまったんですよ」
剛「僕らの、今2人でやってるラジオとか、褒め言葉ですけど、相当ひどいですからねえ」

>あははははは(笑)2人でやってんの?まだ

剛「やってますよ」
光「2人でやってるのもある」

>2人でしゃべってるの?

剛「しゃべってる」

>ほんとに?!何話すの?

剛「すごいひどい。生放送ではちょっと言えない・・」
光「ふふふふ(笑)そうですねえ。テンション的にも」
剛「30代後半の大人が2人集まって、何をしゃべってんねんってことしかしゃべってない」

>話すことないでしょ、だって。逆にある?みたいな

剛「だから、題材っていうかメール頂いて。そのまたメールもファンの人もやっぱ大人なんで、この2人これやったら喜ぶんやろな、みたいな」

>あははは(笑)サイテーだな

剛「送ってくれて。それで僕ら、それでキャッキャして楽しんで読んでるっていう


アレはキャッキャしてるんですね(笑)
テンションは低いですけどwww



>だって、ジャニーズで2人って、タッキー&翼いるけど、KinKi Kidsどんな感じなの?

剛「一番僕ら最初ですからね、2人っていうのとか、関西からみたいなのとか」

>2人ってどんな感じなの?20年経つと

剛「いや、もうねえ、なんでしょう、相手のわかるところはわかるけど、わからんとこはわからんみたいな、それ含めて光一っていう」
光「でも、逆に当時番組やっていただいてた時、2人ってどういう風に見えてたんですか?逆に」

>んーーー

光「まあ、子供でしたからね。我々」

>子供で、あの・・なんか、すごく礼儀正しい部分と。僕だからその前に一個だけジャニーズのイベントやったことがあって。それが光GENJIさんだったんですよ。で、めっちゃ恐かった、光GENJIさん。勢いも含めてよ?

光「うん・・そうね。大スターってイメージもありますからね」
剛「大スター」

>そうそうそう。でも2人はとても、わかんない誰にアレしたのか、礼儀とかちゃんとしてた反面、どうだろうな、すごい子供だったけど、面白かったよね

剛「ほんと(笑)」

>面白い子供の人いるな・・っていう(笑)

光「面白い子供(笑)」

>中学生だもんね

剛「そうですね。今の中学生の人達から比べると、ホントに子供やと思います」

>だけど、あの頃まだ芸人さんのブームでもないから

光「ああ、そうですね」

>14才ですごいプロ意識だなと思ったけど

剛「うん~~」
光「やっぱり、ね、SMAPのみなさんが、そういったバラエティとか、そういうので活躍されて、その中で、ああ、こういう面白いことやってもいいんだ、みたいなことを、なんかやってた感じですかね」

>あったよ、正直ドラマで忙しい時に、ああ、今日は光一はちょっと機嫌悪いのかなみたいな(笑)

光「あはは(笑)ありますよねー」

>当時はあったよね。当時は疲れが機嫌に出ちゃうみたいなことも

剛「ありましたありました」

>じゃ、いいですか、CMいきましょう


CM


>今日はKinKi Kidsが2人で来てくれてます。なんかいいですね、いい感じの大人になりましたね、2人とも

剛「はい、もう・・」
光「いい感じの大人(笑)そうですか?」

>だって少ないでしょ?10代の頃からを知ってる・・

剛「いやまあ、ほんと少ないです」
光「確かにね」
剛「あの頃を・・」

>あの頃から僕はこっそり見てますからね、ちゃんと

剛「ありがとうございます」

>あのテレビ見ては、ちゃんとやってっかなとか

剛「いや、僕らも逆に、そうやんな」
光「そうやんな」
剛「ちらっと出てはる時に、ああ、出てはんなあ・・」

>いやいや、なんかイヤじゃん。出たいやつみたいな(笑)

光「ああ、表出てるなあ・・って(笑)」

>やめてくんない(笑)

剛「あの人、表出てんなあ」
光「表出てんなあ~(笑)」
剛「今日もね、ファッションチェックで、ピンク・・やっぱり僕ら黒っていうね、地味な」
光「ほんまやな」
剛「僕らよりも、表出てんな、ラジオでも表出てんな」

>やっぱり裏方だからポップでいたい(笑)

光「あははははは(笑)」

>ほんとだ、揃いの黒ですね

剛「ラジオでも、前に出るっていうね」

>違いますよ、明るくしようっていう

剛「僕もやっぱりピンク着た方がいいなあって、改めて」

>明るい服着た方がいいよ!

剛「んふふふふふ(笑)」

>あのね、明るくした方がいい

剛「明るくした方がいい」

>うん。世の中暗いから今。明るくしよう

剛「わかりました。じゃあ、ちょっと明日から・・」
光「無理矢理明るくするすべを僕ら持ってないんですけどね」

>そう、テンションあげないもんね、無理矢理。昔から

剛「そう、それがねえ、なんか・・大人になっていくうちに、テンションあげれる自分を手に入れれるかと思ったんですけど、まあ、手に入れられない」

>うん、どんどん下がってきてるもんね

剛「びっくりするぐらい、低い。こんなに低くていいのかしらっと思うくらい、低いです」

>お互いあるの?トーク中とかで、こいつ今日テンション低いなとか(笑)

光「ああ、もちろんあります」
剛「もちろん」

>そういう時はどうすんの?

剛「いや、もうそれはそのまま・・」
光「それはそれで・・・ま、だからそれはお互いフォローしあってるんじゃないですか、自然と」

>5人とか7人とかっていうと、正直誰かが休んでても誰かが頑張れば、なんとかなるじゃん。2人って・・

光「元々、2人とも、例えばグループがもっと何人もいたら、お互いに端っこの方で、誰かがわいのわいの言ってる中、ふふって笑ってるタイプの2人だったんです」
剛「ホントはそうしたかった」
光「そうそうそう」
剛「僕、らも、2人っていうのがジャニーズになかったから、その概念がまずなくて、もしグループ組むとしたら、5人、6人、7人になるのかなぐらいのイメージしかなかったところを、2人になっちゃったから、しかも暗い2人が。YOU達暗いよって言われる」
光「YOU達もっと前行かないとダメだよってずっと怒られてましたからね」
剛「しゃべりなよ!って言われて、頑張って、芸人さんの、当時VHS、お姉ちゃんにいっぱい送ってもらって、寮で見て。満を持して武道館出たんですけど、頭真っ白になって、光一まだ着替え終わってないのに、それでは光一、どうぞ、みたいな」
光「オレまだ着替えてねぇよ!っていう(笑)」
剛「全然しゃべられへんやんけ。オレって」
光「もうちょっとつなげよっていう」
剛「めちゃめちゃ落ち込んで、全然しゃべられへんやん、オレと思って。それから色々勉強しよと思って、色々やったんですけどね」

>へえ、すごいね。もし、昔に戻って、KinKi Kidsの結成前だとするじゃない、もう何人でもいいよって言ったら、何人組になりたい?


光「ああ・・・」
剛「これ、難しい、この質問」
光「あのね、想像出来ないんですよね。例えば他の雑誌の取材とかでも、例えば今デビューしてる子でもいいし、KinKi Kidsに誰かメンバー入れるとしたらみたいな質問受けるじゃないですか。まっったく想像つかないんです」
剛「想像つかない」

>3人の自分たちとか、4人とか

剛「もう、単純に移動人増えるとか・・」

>いやもうだってさ(笑)真ん中でしゃべりたくないってさっき言ったじゃん

光「想像つかないんですよ、例えばね、じゃ、普段、なんだろう、自分事務所で仲いいのが長瀬智也なんですけど、じゃ彼と、2人組っていうのは、想像つかないですもん、やっぱり」
剛「僕は、関西一おもろない・・岡田准一って人間がいますけど」
光「役者として素晴らしい」
剛「関西一おもんない、全然おもんない」

>関西にそんな面白くない人いるんですか

剛「いたんですよ、それが。剛くん、関西人みんながおもろいと思ってたら大間違いやで、ってオレ目見て言われてますから」
光「そのままジャニーさんに言ってほしい」
剛「んふふふ(笑)ジャニーさんに言いたいな。だからほんとに、岡田と2人で組むかって言うたら、想像がつかないですもんね」
光「それは、なんか難しいです」
剛「これはやっぱり、堂本っていう珍しい名前が、カードして、パンパンってテーブルに並んだ時点で、誰でもちょっと、ふぅ~!ってなりますよね」

>あははは(笑)だって来てるもん、質問が。かえるぴょこぴょこさんが、未だに兄弟ですかって聞かれることはありますか?(笑)昔これあるあるだったでしょ?

剛「めっちゃあるある。めちゃめちゃあるあるで、未だにあるのは、インタビューしてて、でも光一さんは・・あ、ごめんなさい、剛さんは・・これ、めちゃありますね」
光「あと・・あと、なんやろな、無意識の中で、テレビに来られたゲストの方とかも、オレに対して、いや剛くんがどうのこうのでって言ってる時に、これ訂正しようかな、どうしようかなって迷いますよね(笑)」
剛「そうね」

>それ、どうすんの?泳がす?

剛「いやもう、編集点をあとで・・作れば」
光「どうしようかな、今間違われてるけど・・」
剛「なんかね、僕らそういうとこがあって、インタビュアーさんとかも、間違えてても、ごめんなさいって向こうから言わはったら、ああ全然いいですよって、同じ堂本ですから、ぐらい返すんですけど、まんま来てる時とかは、ん~、まあそうですねってそのまま答えてますからね」
光「あはははは(笑)もう、訂正するのすらめんどくさい」


>アルバムですよ、アルバムの話しないと怒られちゃうよ。すごいね、だってあのころはAアルバム、いつまで・・」

剛「続くんだろうみたいな話・・」

>Nまで来ましたね

剛「Nまで来たんですよ」
光「そうなんです」

>あの時にAって、これ大丈夫?Aってつけちゃってって思ってました

剛「んふふふふふ(笑)」
光「それもだからジャニーさんの一言からですからね」

>あ、そうなの?

光「そうです、そうです」
剛「Aアルバム、ええアルバム、関西人なんでね、なんかそういうちょっとオシャレのきいた感じで、みたいな感じで。でもAアルバム、ええアルバムっていう割には、ジャケット渋すぎやねん、走り抜けてる、変な・・・なんじゃこれって」

>で、ほら、Bも出しちゃったじゃん。B出しちゃったと思ったわけ、あの時

剛「んふふふふ(笑)」

>B出しちゃったってことは、行くけど、C,Dくらいで、もういいんじゃないみたいな感じになるんじゃないと思ったら、Nですよ

剛「もうNまで来てますよ」
光「もうあと退けなくなりました」

>すごいね、やっぱりKinKi Kidsのアルバム聞くと、KinKi Kidsなんだね。歌謡曲というか、ポップスというか

剛「ああ、そうですね。そのニュアンスみなさん入れてきてくれはります」
光「やっぱりなんかこう・・あ、でもNに関しては例年になく、ちょっとポップなアルバムになったかな」
剛「ちょっとポップさは出てるかな」

>いや、結構ポップ。あとオレ面白いなと思ったのが、秋元さんとかもKinKi Kidsの曲書くときは、もろKinKi Kids、というか

光「あぁ~~~・・」

>オレ思ったのが、みんな共通するんだろうけど、硝子の少年だった人達が大人になっている過程というものをみんな書くんだね

剛「そうなんです」
光「吉井さんもそうおっしゃいます」

>そうだね。みんなそれで書くから、秋元さんとかの歌詞も、他とはまた違って、あと歌謡曲とポップスということをみんなものすごい意識して

剛「意識されてる」
光「なんか、すごく面白いのが、作詞家の方々、ちゃんとお会いして、お話もちゃんとはしたことないのに、なんかこう2人のことをすごく見抜いたような詩を当ててくるんですよね。そこがやっぱり作詞家の方ってすごいなあ」

>面白いよね、だからみんな、これで、堂島くんもすごい書いてるじゃない、面白いよね、みんなKinKi Kidsとしての曲を作ろうとしてる感じが

剛「それはすごい嬉しいなあと思って」
光「ありがたい」

>そちらの曲から、僕が選んだ曲でございます。アルバムの10曲目でございます。なかなか言わないでしょ、何曲目みたいな

剛「ええ」
光「言わない」

> 夜を止めてくれ、どうぞ

『 夜を止めてくれ』

>ライブで歌う時は、2人で走って、右と左にわかれてボールを投げながら・・(笑)

光「ああ・・」
剛「いやいや、まず・・・」
光「まずね、ライブで我々」
2人「走らない」
光「あはははははは(笑)」

>えぇ~~?!

光「走らないです」

>上下でしょ、ドームの?!

剛「いやいやいや、上下ですけど」
光「走らない」
剛「走らないです」

>この曲だって、明らかに、わーっと走って、みんな行くよーつって

光「いやあ、ちょっと残念ながら走らない」
剛「残念ながら我々走らないです」

>今回のアルバムの曲で、走るのない?色々あるけど

剛「ない」
光「ないです」
剛「ないです」
光「ええ、走らないです」

>立ち?

剛「まあ、立ち・・」
光「移動も歩く」
剛「徒歩です」

>ええ、ウソだよ~~

剛「いやいや、徒歩です」
光「歩くか、何かに乗ってるかどっちかです」

>何に乗ってるの?

光「何か(笑)」
剛「ムービングステージみたいな」
光「移動できるステージ」
剛「移動するステージに乗って・・」
光「走らないですね」

>手をふるのはやってる?

光「僕は・・僕はあんまり振らない」

>トロッコで、手ふるみたいな

剛「それは、僕比較的やってます」

>ああ、良かったよ

光「僕はね、手振らない」

>ボールは投げない?

光「ボールも最近は投げてない、昔は投げてましたけどね、カラーボールね」

>ちょっとやってよー

剛「いやいや、ボールとか色紙とか、やっぱりね、危険なんでやめましょ」

>あはははは(笑)走ってよ、今の曲で

剛「イヤ、僕らは・・」
光「なんかね、あの・・山下達郎さんにもデビュー曲やっていただいた時に、君たちの声はマイナーだと、言われたんですよね。だから、それもあって、それが土台としてあって、硝子の少年の哀愁のある感じを歌ってきて、それが土台として、来ちゃったからどんな明るい曲を歌っても、あんまり明るくならない、っていうのが僕らの・・」
剛「全然ならない、どんだけ頑張っても」
光「だから、夏の王様っていう曲は、ちょっと違ったね、オレらが、YO!って言ってますからね」
剛「YO!太陽の下でって言ってるんですけど」
光「僕らの中にないですからね、YO!」
剛「なんかないしなあみたいな」

>ちょっと無理してる?(笑)

2人「無理してます」
光「アレもうライブでは歌いません」
剛「だから、ライブではなかなか選ばれない」

>言わないでくれる?(笑)出してんだから、曲を

光「いい曲ですよ?!」
剛「いやいや、いい曲やねんけど、やっぱり無理してるな」
光「ちょっとね、キー的にも、ちょっとあまりにも高すぎる」
剛「高いし」
光「♪だいじょーぶって全然大丈夫じゃない」
剛「全然大丈夫じゃない、高いなと思って、キー下げてくださいって下げたら、暗い歌になっちゃったな、じゃ、やめましょってやめますね、いつも」
光「そうそうそう(笑)」

>もう絶対歌わない?

剛「うん・・」
光「絶対とは言いませんけど・・」

>でも超盛りあがるね、それだけ振っておいて・・ある時歌ったらガーンって

光「ふふ(笑)今回だからライブ控えてるんですけど、夏の王様最初入れてたんですよ」
剛「入りました」
光「だけど、なんかこう・・・流れをね、音楽として聞いてると、ん~~、いらんな!ってのが2人の一致して、はずしたんですね」
剛「ついこの間消えました」

>はずれちゃった。毎回歌ってないの?ほぼ、じゃ

光「歌ってないです、夏の王様」
剛「スタッフがね、結構入れてくるんですよ」

>それだって、なぜなら明るい歌が少ないからですよ(笑)

光「んふ(笑)そうそう」
剛「僕らは、駆け抜けるとか、暴れるとか、そういうのがないんですよ」

>だから、スタッフも思ってんだよ。これ毎回これ入れとけば、採用してあいつら走んじゃねえの、今回、みたいな(笑)

光「あははははは(笑)」
剛「いや、アレいれても走らへんな」
光「走らんと思います」

>走らないのぉ?!

剛「はい・・」

>ちょっとぉ、駆け抜けないの?

剛「いやいや、走りたくないですもん、だって。ステージで」

>ふふふ(笑)アンコール、アンコールでタオル首に巻きながら、走ってよ

剛「いやいやいや、もうねえ・・」
光「走らないですね、残念ながら」
剛「残念ながら」

>でも、結構踊るじゃない、踊る曲もだって・・

剛「まあでも、そんな最近はがっつりみたいなのは、やってないです」
光「ソロでは、ガンガン、僕は踊るタイプなんですけど」

>でしょ?え?踊らないで、歌って、何してんの?

剛「歌って・・えー、1時間強のMCして」

>いや、ちょっとそれ削ってさ、走ってよ 

剛「んふふふふ(笑)」

>それ15分でいいから、その体力で走って

剛「なんかそんなんですよ。僕は1人で曲つくって、楽器弾いてってやってますから。2人の時は、まあなんか、どうもー!って感じで」


>でもなんで1人で激しく踊るのに、2人だと、今回は30分くらいダンス見せるってのないの?

剛「まず1つ理由が、僕の膝が壊れている」

>やめてくれる~(笑)力士じゃないんだから

剛「だってもうプロレスラーの人が、と、同じ状況なんで。ごまかしごまかし、ちょっと踊ってます」

>飛びすぎてね。ムーンサルトとかやっちゃうから、膝壊れちゃうけど。やってないでしょ?

剛「いやでもね、プライベートで結構ムーンサルトやって」

>やってねぇよ!絶対やってない

剛「その時でしょうね」


ウソだと思われてるんですかね?膝のことは。ほんまやのにね?
なので、MC削って走らなくていいですから。MC大事


>そうですか・・さあ、来てますよ。甘夏さん、お二人に質問、年を重ねて知ったお互いの新たな発見何かありますか、是非教えてください。こんなとこあるんだみたいなのあるんですか?今

剛「あ、こないだね、え、カレー作んねんや、って思いました」
光「ああ、ロケでね」
剛「こないだロケでバーベキューして、で、率先してカレーを」

>ふふふふ(笑)

剛「で、こういうの入れようぜ・・ああ、いらんいらん、そういうのいらん・・・え?これは?・・いらん、そういう余計なんじゃないねん、普通のカレーがええねん。みんなで作ろうって、番組的にちょっとみんなでやいやい言おうと思って、で、色々言ったんですよ、僕も作るしね。こんなん入れてみたら・・ああ、いい、そういうのちゃうねん・・・もうスーパーで全然カゴに入れさせてくれへん(笑)ほんで、じゃあ、もう光一の思うカレー作ってもらおうと思って。料理のイメージが世間的にないと思うけど、で、料理この間カレー作って、普通に美味しくて。美味しいな言うて」

>意外にこだわりがあった(笑)

剛「めっちゃこだわりがあって、全然水を入れずに、野菜からの水分で作れんねんみたいな」

>無水でね(笑)

光「あー、そうそう」
剛「急に職人みたいな感じになって(笑)」

>なんでいきなりそんななったの・・

光「いや別に(笑)特に意味はないんですけどね」
剛「あのスーパーのくだり、相当おもろかったけどね、オレは。全然入れさせてくれへん」
光「あー、いらんいらん、そんなんいらん」

>全然テレビ的じゃないね(笑)

剛「えー、入れんの?それ?・・んふふふ(笑)全然入れさせてくれへんから。じゃあ、任せよか、言うて任せました」

>どんどんシンプルでストイックなカレーになって

剛「なって。んふふふ(笑)最後茶色の水みたいな・・・すげーシンプルなカレー作りそうでコワイ」
光「そうそうそう。なんか野菜ごっそりとか、そんなんいらないですよ」

>再撮した時に、具もないから(笑)

剛「んははははは(笑)」
光「なんか、茶色のドロドロしたやつみたいなね」
剛「なんか、ジャガイモとかね、ゴロっとしたやつ入れよか~みたいな。最初だから、あんまりオシャレなんじゃないって。じゃあ、昭和的な、お母さんのカレーかな?と思って、ちょっと気ぃきかせて、じゃあジャガイモ入れよか・・オレジャガイモとか、でかいのあんまり好きちゃうねんって言われて(笑)ジャガイモ却下で、みたいな。なかなかおもろかった」
光「そうそうそう(笑)」

>おもしろいですね。どんどんそうなってきたんですね

剛「そういう料理番組やったらいいのになって僕思います。全然やらせてくれへんやん、みたいな。あ、いらないです」
光「それ、入れない・・ふふふ(笑)」
剛「料理番組やったら、めっちゃおもろいのにな(笑)」
光「もこみちくんとかね、すごいやん」
剛「そうそう。もこみちくんの高い位置から・・」

>上から振ったりしないんでしょ、だって

剛「うん、せーへんよね」
光「せーへん」
剛「もう、さっと・・ああ、今撮ってたのに!っていう、カメラさん、全然気ぃきかさんと、さっと入れる。何入れたんですか、今。みたいな」
光「なんやろな、僕の場合は、世間の・・ファンの方もそうなんですけど、僕のことを知ってる部分って、たぶん2割くらいしかないと思うんですね」
剛「すごいねえ」
光「後の8割まだ秘めた部分」
剛「秘めた部分あると」

>それをちょっと見せたのがカレー(笑)

光「そう」
剛「カレー!」

>すごい、堂本光一のストイッククッキングってやりなよ

剛「ねえ、めっちゃおもろい」
光「あっはっはっはっはっは(笑)ストイッククッキング(笑)ちょっとおもしろいな(笑)」

>全然テレビ的じゃない(笑)

剛「オレはね、だから、彼を見てて、この20年彼を見てて、なぜ作家陣は光一のこういう部分をネタにしないんだろう、でもたぶんそれはイメージがあって、ちょっと王子的じゃないから、それ崩しちゃいけないっていう・・」

>あといじったら怒るんじゃないか

剛「か、とかね。たぶんそれが大いに手伝ってるなと思うんですけど」
光「ああ・・いつでもこんなんですねえ」
剛「ずーっと近くにいて、ああもうあの、このごたごたしてる、ちょっとしたしょうもないことやねんけど、これめっちゃ広げたら、めっちゃおもろいのにな、みたいな。だから僕ほんとに、光一がなんか番組やる時の作家として入りたいぐらいで。めちゃおもろいから、この人。ほんとに(笑)バラエティ的には」

>秘められた部分でね、実は

剛「僕はね、この人ここ出したら、バラエティ番組やったらおもろいのになみたいなことすごいあります」

>8割見せてないんでしょ

光「見せてないと思います」

>アマゾンみたいなもんだよ、未開の地がいっぱいある(笑)

光「あはははははは(笑)いや、そうやと思いますよ」
剛「僕がね、一個彼にやらせたいのは、ぶらり旅やらせたいんですよ」

>ぶらり・・・

光「いや、したくないですね」
剛「したくないでしょ?」
光「うん」
剛「で、この・・・」
光「まずロケに出ることがちょっとイヤなので」
剛「ゆるーいローカル線回るだけのロケやらせたら・・」
光「ああ、もうね~~」
剛「どの番組よりもおもろなります」
光「もうまず電車に乗ることがちょっとイヤなんで」
剛「こういう文句言いながら、乗ってたらおもろいでしょ(笑)」
光「ふふ(笑)」

>道も遠回りとかイヤなんでしょ、ぶらりで。早く着きたいんでしょ(笑)

光「もう・・イヤです、僕の中では、電車の乗り方、オレンジカード時代で止まってるタイプ」

>あははは(笑)それさ、あんまり言わない方がいいよ

剛「んふふふふ(笑)」

>あんまりねえ?今も電車に乗ってますよ、みたいな感じの

剛「そうそう。ほんとは言っとくと・・庶民的なんだなあ、みたいな」
光「ああ・・・」

>オレンジカードで止まってる(笑)

光「止まってる。わからんのですよ」


リアル王子だから(笑)庶民的なイメージなんていらないんですよw


>あの、ツアー・・ツアー

剛「ツアーです。はい」

>9月29日から、もうすぐだ

剛「やるんです」
光「そうなんです」

>武道館でやんの?

剛「そう」
光「17年ぶりかなんかに、アリーナツアーやらせて頂く感じで」

>え~、どんな感じになるの?セットリストの、雰囲気

剛「今やってますけど・・まだ作りきれてない部分あります」
光「そうですね、まあでも、なんかこう、今現在の2人をそのまま表せられたらいいなと」
剛「だから、あの・・走らないことは約束しますね」

>一カ所だけ・・行くぞー!とだけ言って(笑)

光「行くぞー!も言わないんですよ」
剛「言わないですねー」

>言ってよ、どっかの曲で。行くぞー・・ってバラード歌うとかやめてね(笑)

剛「んふふふふ(笑)」
光「ありえますねえ」
剛「ありえます」

>アリーナツアーなんだ

光「武道館も、僕らデビュー前に、一番最初にやったのが武道館だったんですよ、恐ろしいことに。それ以来なんですよ、武道館でやらせていただくの」
剛「MCしゃべれなかった・・それを盛り返すために2時間くらいしゃべりますよ」

>さ、ニューアルバムNアルバムの最後の曲、すごい好きなんですけど、この曲をかけてお別れ・・これに対して話すこともあえてないですけど、なんねんたってもこれいい曲ですね

光「これも堂島くんが」

>これはすごくいいです。こちらの曲でお別れございます。KinKi Kidsでした。ありがとうございました」

光「はい、ありがとうございました」
剛「ありがとうございました」



行くぞーって言われても、ファンもついて行けないんでね(笑)
言わなくていいですw








| TV・ラジオ | 11:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9/17 AIR-G'「SATURDAY FUN」

ふと気が付けば、来週・・ってか、数日後にはNアルバムリリースなわけですよ
急にラジオとテレビのプロモーションがてんこもりっ!!

テレビは・・残念ながら、見れないやつもちょいちょいあるんですが
ラジオはほとんどフォロー出来る体制です!
出来るヤツから勝手に頑張りますよー

とりあえず、AIR-G'「SATURDAY FUN」のコメントOA

いやあ、2人でしゃべってることが何より嬉しい
ハードルの低いキンキファンでございます。



光「「SATURDAY FUN」をお聞きの皆さん、こんばんは、KinKi Kidsです」
剛「こんにちは・・・」
光「おおっ!こんにちはです」
剛「・・ですけれどもね。まあ・・まあまあ、そういう国のね、方なのかちょっとわからないんですけども」
光「ええ!こんにちは!」
剛「今週と来週のこの時間が、KinKi Kidsが担当させて頂くと言うことで。この夏のKinKi Kidsは、という質問がありまして。7月にね、シングル薔薇と太陽リリースしたこともあったんで、まあ・・」
光「そうですね」
剛「色々テレビ出させてもろたなあという」
光「歌番組に多くね」
剛「多く出ましたね」
光「出させて頂きました」
剛「暑い夏・・ねえ、家にいたかったんですけどね」
光「どうですか、プライベート的なことで夏みたいなこと何かしました?」
剛「うわーーー、なんかもう・・夏みたいなことはしてないですよ」
光「ふふふふ(笑)夏みたいなことはしてないけど、じゃあ夏はしたんですね」
剛「うん、まあ勝手に夏はするからね、こっちが夏したくなくてもね。だから僕らの番組のブンブブーンの」
光「ああ・・」
剛「時あったじゃないですか。なんかアレが唯一、なんでしょう、夏したんかなっていう・・感じかなあ」
光「でも一番夏、なところ、君は1人で違うところ行ってたじゃないですか」
剛「はい」
光「ふふふふ(笑)我々は船乗って・・行ったんですけど」
剛「僕は・・うん、あの、謎の石売ってるおじちゃんの店で、ずっとしゃべってました、謎のおっちゃんと」
光「ふふ(笑)あそこが一番、あの・・夏っぽかったんですけど、剛くんいなかったですからね」
剛「ええ・・ザーヒがね・・」(膝ですねw)
光「関係あらへん(笑)あの船・・(笑)」
剛「いや、ふんばるのがちょっと危ない・・」
光「そんな踏ん張らないよ、あれ(笑)」
剛「わかんないじゃないですか、台風も近づいてましたし」
光「いやいや(笑)全然・・全然むしろ・・もうちょっと急流でも良かったかな、ぐらい」
剛「あのあと、みんな乗ってから、雨めっちゃ降ってすごいことなったらいいのにって思いながら散歩してたんですけど」
光「ふふふ(笑)」
剛「雨はそのあとでしたね」
光「まあ、面白かったですけど、あと降りましたね」
剛「ええ、それぐらいですかねえ」
光「そうね、あとはアルバムのレコーディングをしてたりとか、そんなぐらいですかね」
剛「うん・・ええ、そんなものでございますけどもね」
光「最近はツアーに向けたリハーサルをやってるぐらいでございます」
剛「はい。色々やっております」

光「我々KinKi Kidsですが、通算15枚目となるオリジナルアルバム、Nアルバムを9月21日にリリースします。さあ、今回のアルバムなんですけども、Nアルバムということで、我々CDデビューからね」
剛「うん」
光「Aアルバム、ときて」
剛「そう、最初からね」
光「ABCD」
剛「きまして」
光「EFG,HIJK、L,M、N」
剛「N」
光「結構きましたね」
剛「きたねえ」
光「あとφも」
剛「φもあるから」
光「うん、結構きましたねえ。2年ぶりのアルバムリリースなんですけども、薔薇と太陽、ももちろん入ってますし、その楽曲提供いただいた、ザ・イエロー・モンキーの吉井和哉さんには、このNアルバムにも曲を1曲」
剛「もう1曲」
光「はい、ホタルという曲を」
剛「提供していただきました」
光「そしてまあ、ほんとに吉井さんだけじゃなく多くの素晴らしい方達に楽曲たくさん頂きつつ、制作の面では、昔から僕らと縁深い堂島孝平くんに」
剛「堂島孝平さんにね」
光「協力をいただいて」
剛「頂きました」
光「まあ、全体的に僕の印象としては、今までのアルバムの中でもポップで明るい感じになったのかなあというような印象を受けてますけどね」
剛「そうですね、明るい感じの曲が多かったですね。堂島くんが提供してくれる曲も」
光「はい、チェックして頂ければと思います」
剛「よろしくお願い申し上げます」

光「そして9月29日の日本武道館を皮切りに、ツアーも決まっております。北海道へは10月22日、10月23日、札幌真駒内セキスイハイムアイスアリーナで公演をさせていただきます」
剛「はいっ」
光「この会場は初めてだと」
剛「はい、我々KinKi Kids初めてということで」
光「ということです。楽しみにしております。はい、というわけで、ツアーの方も是非、来られる方は楽しみにしていてください。以上っ!KinKi Kidsでした」

剛「でしたっ!さ、ということで、9月の21日リリースいたします、KinKi KidsNアルバムより、naked mind、こちら聞いてください、どうぞ」


来週もコメントあるそうで!
楽しみーーー

しかし、ブンブブーンが夏だったやつは、北海道ではオンエアされてるんでしょうか?
関西ではまだのはず・・たぶん・・・(笑)

| TV・ラジオ | 16:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Mステのキンキさん

ブログを開いたら

『上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。』


っていうのが、表示されましたよ。
はぁ?何言ってんの?!

と、思ったけど、最終更新日が8月11日で、今日は9月10日



マジか!!!!!


久しぶりに本気で驚いた

月日の単位とか、感覚が欠落してる
そりゃ、薬も半月飲み忘れるわ!!!



驚きましたけども、昨日はMステにご出演のKinKi Kids!
10日後にアルバムは出ますけど、シングルリリースでもないのに
ふらりと、来たよー・・みたいな感じですか(違うと思うよ)


Mステの階段の上に・・・



キターーーーーー!!KinKi Kidsー!!

わあ、剛さん、ハットやん!!!ハット!
光一さん髪みじかいっ!!

(ミニステがない地域なのでここで初めて拝見するよ)

タモさんの隣にしゅるりっと並ぶ俺たちKinKi Kids
と、思ってたら、ノラ・ジョーンズがタモさんの隣に入ったわ。
さもありなん(笑)

そうすると、ノラ・ジョーンズを紹介すると
もれなく、しゅっとした光一さんがエスコートするように見切れてますよ
ノーブル、カッコイイ、うっとり

ちなみにノラも37才、ナオトも37才
今日は何ですか?同窓会ですか?(笑)

ここで、30周年記念企画、激レア初登場映像をはさみますよー
ブルーハーツのヒロトの変わってなさっぷりにビビったり・・
23才の江口洋介よりも、ワイプに映る37才の光一さんのが
可愛くてビビったり

おっ!97年16才の広末!
それを見ながらなんか言うてる、剛さんが!!
聞きたいっ!そっちが聞きたい!
副音声でお届けしてないのか?!


16才の宇多田初登場は覚えてますが、
今聞いても鳥肌だな~・・・
なんて見てたら、19日のウルトラフェスの告知へ

ふう。。10時間か・・・テレビでフェスするのやめようよー
色々と逆効果な気がしてならない


尾崎豊ジュニアの、尾崎裕哉さんも出演らしく

剛さん、ワイプでなんか言うてるなあ。
剛さんもMステで歌ったもんなあ・・I LOVE YOU


EXILEのシステムがよくわからないんですけどw
EXILEなんとかさんたちが、ドームツアー狙えたらというのを
大きく頷きながら聞いてる剛さん

ま、一番映るところに座ってるから
リアクション細かくするよね
(光一さんは省エネ運転中)

そのあとの、ナオトのエピソードが胸アツだったー!
売れてない頃に見に来てくれてた友だちと
十数年たって、同じMステのステージに立ってるとか・・
感動のサクセスストーリーやん


というわけで、キンキさんの前がHKT48ですが
新センターが16才らしい。しかもHKTなのに千葉出身らしい

「千葉でもいいんですか?」と思わず話に入ってしまう剛さん

HKTとタモリさんの間にKinKi Kidsが座ってますから。
ついつい、進行してしまうKinKi Kids(笑) 

(と、思ったら、後ろで剛さんのメガネかけてるEXILEの人!)
(っていうのは、あとでTL見て気が付いたよ!)
(剛さんの忘れ物やってんねw)

可愛い16才のコメントに、タモさん「いえい!」ですませたのも
間にいるKinKi Kidsが回してくれるからですよね(笑)

剛「いただきましたよ、タモさんのイエイ」
光「我々の娘でもおかしくないですからね」
剛「おそろしや」

最初、我々の娘っていうたのがタモさんかと思って
いや、タモさんは孫では?と思ってたんだけど
KinKi Kidsの娘ってことね。

それは確かに。
20才で生んでれば、17才(笑)
充分あり得る。

年齢的にはあり得る話だけど、
KinKi Kidsは生めないからwww




そんなKinKi Kidsは、吉井さんの曲を披露

カメラに向かって可愛らしく手を振る剛さん

ちょっと!!びっくりするから!!(笑)
みんなミニステから見てないから。
っていうか、ミニステ映らないから!!

せめて、吉井さーんって呼びかけながら
手振ってくれる?
無駄にドキっとするやん


タモさんに、どんな曲か聞かれまして

剛「夏の夜をイメージさせたり、夏のお祭りとか、楽しい故郷の風景の
その中にある悲しみもちょっと浮遊してたりするね
夏のみんなの故郷を思い出す曲なんじゃないかなと、思います」

しっとり優しく語る剛さん

タモ「ちょうどいいね、この季節ね」

光「はい!」

あ、しゃべった!

光「夏の終わりにすごく、いいと・・いいと思います」

あ、起動に失敗したのかな?ちょっと噛んだね
んで、シンクロ機能搭載してますから
隣の人と同じカッコしちゃうんだよね(爆)


光「・・・なんかこう、なくなっていってしまう風景とかね」

微妙な間が空いたので、あれ、オレしゃべり足りなかった?
と、思ったのかとってつけたように、語りだす光一さん(笑)
語り出したわりには、助けを求めるように剛さんを見てますけど

リハしてないんですか?(爆)


剛「風景とか、変わってしまった故郷の、なにか・・」

引き継いで、ちゃんとしゃべってくれたので

光「・・はい」

任せた(爆)

剛「悲しみとか・・・しんみりしちゃいましたけどね」


ほっとくと、しんみりする方向に向かうから、KinKi Kids
仕方ない。声がすでにマイナーコードw

しゃべり終わったら、カメラに2人が正対するように、
剛さんがどっこいしょと座り直して、
HKT48、どうぞの手振りもちゃんとする剛さん
(その後ろで剛さんのメガネかけてるおちゃめなEXILEの人)


ノリノリの可愛いHKTのあと
くるっとカメラが反転すると、空気は一転

わーーーお!!!

ギターキッズ!!!!

2人でギターー!!

後ろもギターーー!!!


ギター祭りーーーーー!!!!!


(ストリングスもキーボードもパーカッションも横笛もいるぜ)
(サポートをふんだんに使って贅沢に仕上げましたみたいな)


しかも剛さん、ハットにメガネにギター
小物使いのお手本みたいな


ものっすごい難しそうなメロディラインの歌い出しを
難なく歌いこなす光一さん

うん?・・ちょっと顔が丸いな?っていうか、
ブンブブーンで身体作る宣言してたけど、ほんとに作ってきたな(笑)
髪型と相まって、すごい若返っちゃいましたね
ふっくらしてて可愛いな(身体はガチガチなんでしょうけど)


わああああああ、剛さんのアップ!!
どこもかしこも、好きすぎる
すでに泣けるレベル


そして、なんといっても曲が素晴らしいな
薔薇と太陽もめちゃめちゃ好きだったけど
吉井さん、ほんまありがとう。

サビのところが好きやな~~
魚を♪すぁかな と歌う剛さんに萌


最後は、ギターはともだちっ・・みたいに
ぎゅっと抱きしめる剛さん

ああ・・ギターになりたい、・・・だなんてことすら
恐れ多くて思えない、その姿拝めるだけで至福



あっ、くるりの後ろにいる剛さん
岸田さんとかぶってる・・ハットとメガネが・・・(笑)

と、思ったらメガネはずしたわ
隣には、微動だにしない光一さん、
ただ、手を組んだポーズはシンクロ中

VAMPSの後ろの光一さんも銅像のよう
多少揺れる銅像・・・


そして斬新なエンディング

「KinKi Kidsのみなさんも、よろしくお願いします」

え?みなさん?!
2人でみなさん?!
アナタには、何人見えてるんですか

しかも、エンディングなのに、よろしくお願いします?!
脳内が、ハテナでいっぱいになってたら


剛「よろしくお願いします
光「出させていただきます」


あ・・・ああああ・・・・・
次回のフェスにね!出るからか!!
よくわかったね、光一さん。さすがだね!
(わからない方がどうかしてるのか?)


最後は、ちらっとタモさんみて
え?って目を見開いた顔の光一さん

誰か間違ったスイッチ推したな!(爆)


| TV・ラジオ | 14:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |