DOMOTO★Kids

KinKi Kidsに関する独断と偏見と個人的ななんやかんや

2009年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

BIGAKU=FUNK 4/10

おおお、誕生日にオンエアだったのか!
今頃何を言うとるねんって感じだけども(笑)

ですが、ワタクシは必死で梅干しを漬けながら聞いてたんで
あんまり記憶にないんですよ

っていうか、誕生日だからってさほど大仰なことはなかったですよね
いつもと同じでしたよね。
だってオンエアが4月10日なだけで、録音だしさ。
誕生日よりも、アルバム・シングルがこの日発売で
その上ライブもしてるわけですから(笑)
盛りだくさんな日だったわけです。

29才最後の日と30才を奈良で迎えることが出来て
ほんとに嬉しそうでしたよ
これが東京やったら凹むやろなあ・・みたいな。
今まで凹みっぱなしだったのね

オープニングが『美我空』なわけですが、まだCD発売前は
わからないわけで・・オープニングの雅楽器の曲は
なんですか?みたいなおたよりがあったわけですが・・

このインスト、剛さん非常に気に入ってるみたいで。
あまりにきっぱり自画自賛してたんで、突っ込むのも忘れたわ(爆)
これを世界に飛ばしたい、みたいなこと言うてたなあ

東儀さんのひちりきだっけな?笙だっけな?
なんか、音がすごい好きで、どこにいてもわかるって。
テレビからふいに流れてきても、心をつかむ周波数だそうで。
私にとったら、それが剛さんの歌声なんですけどね。
どこにいても、かすかに聞こえてても、え?!って
気が付くっていうか、気になるっていうか。

それから、BIGAKU=FUNKになって落ち着いたオンエアになってるので
「剛くんじゃなくて、剛さんと呼びたいような感じです」と
送ってきてる人が、言うたはしから「剛くんは・・」と
話を続けてることに、非常に引っかかってしまった剛さん(笑)
まあね、今後剛さんと呼びますと宣言したわけじゃないしね、この人も(笑)
急には、呼べなかったんちゃうか?
ま、私はもうだいぶ前から剛さんになってますけども。
「剛」って呼び捨てするファンの人いますけど
めっそうもないって感じですよ(笑)
昔は「つよ」とか呼んでましたけど。若かったのね、お互い(爆)

あとはですね、ファンの人がコーナーを色々考えてくれてはって
ラブレターを募集してみてはどうかってのがあったんですよね。
直接言えないことをラブレターにして・・みたいなことかな?
でも、あんまり具体的に書かないでくださいねって(爆)
そりゃ、送られる人になったらねえ、知らん間に特定されても困る(笑)
その例として「○○くんが買ってくれたキーホルダー・・・」って
ラブレターやりかけた剛さんですけど、自らちょっと古かった・・と
反省してましたわ(笑)キーホルダーが昭和な感じだと。
いや、別に平成もキーホルダーは使いますけども・・
文面が古かったね、なんとなく(爆)

そして奈良の野外でライブを聴いてみたいというお便りも。
剛さん、それは是非ともやりたいらしく、毎回言うてるけど
毎回実現しないんだそうな。
色々諸々大人の事情があるんですよね・・・
特にKinKi Kidsの場合、横浜スタジアムというトラウマがあるしね

例えば、野外ライブして雨が降ったとしても、お客さんが
帰らずにレインコート着るなりなんなりして、頑張ってくれると
いう保証があれば、上の人もうんと言うんじゃないか・・・的な?(笑)
雨が降っても我慢出来ますって署名運動でもするんですかい?(笑)
つか、野外で雨が降って困るのは機材の方だと思うんだけどなあ?
特に剛さんはバンド編成なわけですから?
ちょっと外が雨でも湿気で音がどうのこうの言うてんのに
雨がかかってもうたら、機材はアカンでしょ(笑)

・・・・あ、自分たちが演奏するところはがっつり屋根をつくると?!
お客さんは、青空だと?なるほろ?そういうこと?(爆)


えー、あとは、あ、職場の上司(50代)が剛さんに興味をもってくれて
CD出たら聞かせてくれと言うたと。
興味を持たせてくれたのは嬉しいけど、出来たら買って欲しいなあと
剛さん切に願っておりましたわ(爆)
まあ、そりゃそうですけどね。
CDを貸すんじゃなくて、HPを教えて視聴してもらったら良かったんやな?(笑)
ここでちょろっと聞けますんで、あとは買ってくださいって(爆)
んふふふふ(笑)いやらしいやんか!

あ、HPといえば。
アルバムが出たら、1曲ずつ解説みたいなのをして欲しいという
要望がありましたけど、剛さんプロモーション的に
そう言うことをすることはあるんだけど、ほんとは嫌なんですってね。
それをやっちゃうと、イメージが限定されてしまうから。
もっと自由に感じて欲しいってことなんでしょうな。
そりゃ、ごもっともなんですけど、たまに私のレビューを
ごらんになってもわかるように、時々とんでもない勘違いして
聞いちゃってることもあるからなあ(笑)

具体的などうのこうのもアレですけど、その曲に込めた思いとか
曲が出来た背景とか、わかるともっと愛着わくこともありますしね。
でもまあ、エンドリの頃に比べて、ずっとわかりやすくなってますから
そないに解説もいらんかな~、と思います


・・・記憶にないといいつつ、これだけ覚えてたら充分やな(爆)
剛さんの誕生日オンエアを聞きながらつけ込んだ梅干し
美味しく出来るといいな~~~

| なんやかんや | 17:30 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

奈良レポ

昨日の日曜日、リクが久々に奈良に行ってきましたのでまた聞きレポでもいたしましょう
っていうか、こんなネタをここでやってもいいのか?という
若干の疑問はあるけども、まあいいや(爆)

何しろデートだったんですよ、デート
やっぱり剛さんを崇拝するならお母さんを連れていかんと
アカンのちゃうか?(笑)
ま、今度行こうとは言うてくれましたけど(遠い目)

まずは、奈良町資料館
いきなりコレだ!

090525_1


えーと、これは奈良町資料館の裏口っつーか出口にあったらしいです。
昨日は本来の入り口が工事中だったため、出口から入って
また出口から出るという変則的な順路になってたそうですわ。
ほんとは入り口から出口までの一方通行順路だそうです。
サンカクが入ったサインですよ・・いいなあ

右下に「撮影ご自由に」って書いてあったらしい(笑)
親切な奈良町資料館

砂糖傅さんの前でポーズをとるリク
090525_2

剛さんがここで撮ってたからなんだけど
若干アングルが違って残念(笑)



090525_3

正直しんどいで行ってた『あしゅーら』は
12時開店だったので、リクが行った時はまだ準備中だったらしい


なので、カナカナでランチ

090525_4

カナカナごはん
1250円
メニューは剛さんが食べた時とだいぶ変わってますね
リクのレポなんで若干あやしいですが(笑)

ご飯 韓国海苔、大根のみそ汁
山芋、切り干し大根、枝豆の白和え
豚肉に大根おろし、トマトとオクラと寒天?
抹茶ゼリー

トマト嫌いのリクが食べるほど美味しかったらしいですよ
これは奇跡ですよ。いくら彼女の前とはいえ(笑)

彼女はキノコドリアを食べたそうです。
ドリアにもみそ汁ついてるのか・・・

そして観光(っていうか、案内したんだろうな・笑)


猿沢の池から興福寺五重塔
090525_5


東大寺
090525_6


二月堂から東大寺金堂を望む
090525_7


この時点で、空模様があやしくなってますけども
このあとものすごい雷雨に見舞われたらしい(爆)
空が泣くから~~

お土産に、せんとくん草餅買ってきてくれました
美味しかったわ
090525_8


お母さんにだけ特別お土産
090525_9


せんとくんハンカチ

き・・気持ちは嬉しい(爆)



ちなみにリクのブログはこちら
ほぼ浪人ライフですが(笑)

| エンドリク | 16:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BIGAKU=FUNK 4/3

4月に入りましたよ!!
でもまだ、CD発売前でございます
どうせなら、ちゃんとラジオ聞いてからライブに行けば良かったねえ
何もかも時すでに遅し

本日は延々台所仕事をしながら聞いてましたんで
その上、途中途中に、色々話しかけられつつ
そのたびに止めつつ、わけわからなくなりつつ(爆)

なのでさっくりと、記憶に残ってるところだけ
ピックアップしますけども、何しろ1時間番組なんで
前半の記憶が薄いのは致し方ない(爆)
容量少ない脳みそなもんで・・・・
オートリバースのない片面45分の90分カセットテープみたいなもんです


えーと。
メールをたくさん読んでましたね。
みんな色んな想いと共に、最後に剛さんの幸せを祈ったり
愛を届けたり、一言添えられてるわけで
その言葉に、いちいち感激してこんなこと言うてくれはって
嬉しいなあ、ありがたいなあ、言うてる剛紫さんですけども。

そういう言葉って、一歩間違えるとすごくうさんくさいけど
剛さんが言うと、ほんとにそう思ってるんやろなあ・・
ファンの人も(私と同じように)本気で祈ってるんやろなあ・・って
というのが伝わるねんなあ。いい関係ですよね?良い現象ですよね。

そしてこの春から進学で沖縄に行くのでラジオが聴けなくなると
いう方(ということは、リクと同い年か!)のメールを読んで
沖縄でライブも考えてた・・って言うてましたわ。
でも残念ながらツアーには入れられなかったけど、と。

一時期沖縄にはまってて、沖縄料理ばっかり食べてたそうで。料理がシンプルなんですよね・・アレとアレとアレを炒めて
はい、っていう、そんなシンプルなのが良かったと。
「胃袋の中に入れるモノをシンプルにしたかったのかな」
手の込んだ創作料理より、ご飯とみそ汁と焼き魚と卵焼きと・・
って、それは旅館の朝ご飯ですけども(爆)
そんなのを食べてたらしいですが

「今は、胃の中にすら入れてません」って!!(爆)
あんまり食べない方が調子いいらしいですよ。
まあ、そんな時もありますわな。
今日も晩ご飯食べてなくて、帰って食べるかっていうたら、
何も食べずに寝たりするんですって。
食べることよりも、他のことが優先されてるんですな。
見習いたいものです(笑)

あと、彼女の影響で剛さんを聞くようになった男子から
楽器についてね、質問が。
どうも男子はそういうところに興味がいきますよね(笑)

ベース去年くらいから・・言うてましたけど
本格的にやりはじめたのが、ってことかな?
[si:]の頃から、弾いてみてはいましたけど(笑)
ピアノは作曲するのにコード押さえるだとか、
ドラムはスタジオ入らないと練習出来ないから
一番下手だって言うてましたわ。
そやなあ・・家にスタジオ欲しいなあ・・とか思ってるでしょうね。
レコーディングも家で出来たらなあ・・とかね(笑)

機材ついでに、このアルバムはヘッドフォンして聴いてくださいって
前から言うてたんですけどね。色んな音が聞こえますから、って。
剛さん的には、高音よりも低音重視したお気に入りのヘッドフォン
あるらしいですけど、諸般の事情でコレです!ってのが言えないんですね?
しかもラジオですから、非常にもどかしいですわな(笑)

ただ、かなりがっつりしたものではあるらしく。
外出先でもこれ使ってるって言うたら、スタッフが笑ってたからなあ
電車に乗ったらめっちゃ見られるって・・・
そんなでっかいヘッドフォンして、電車乗ってるんですか?!
ええええっ?色んな事に驚愕
私の聞き間違い??


あと、住んでるところがFM入らないので、毎週車で30分かけて
FMが入るところまで聞きにいくという方
それだけでも感動もんですけど、さらにお母さんがいったい
何をそんなに必死に聞きに行くんだと、一緒に聞いたところ
お母さんが、剛さんのラジオを聞いて涙したと・・
で、お母さんと色々話をした・・・というメールを読んで
「危ない、泣きそうになった」言うてる、剛さん
画期的やで?泣いたら良かったのに。
ラジオでうれし泣き(笑)
今日帰って一人で泣こう、言うてましたけど(笑)
いや、でも、ほんま家に帰って、こうやってみんなから来た
メールを思い出してるらしいよ。
んで、噛んでる場合じゃないな、言うてましたけど(笑)
噛んでたんは、先週ですけどね・・


この時期、それこそろくに食べずに一人で
家に帰って曲が出来ても誰も聞いてくれへん状況の中(笑)
お昼にまたスタジオ行って・・と、大変だったけど
二度とない時間と思って頑張ったそうですわ。

人生も二度とないし、今という時間も二度とない
・・って、思うと、それはそれはすごいことですもんね。

話し合って伝え合うことが大事なんだと
ライブのMCでも話してたことも話してましたわ
これが、最近の大きなテーマですね?
もっとコミュニケーションを。
(出来るもんなら、とりたいですけども?)

あ、でも最後がさあ
「良い週末を、さよなら」なのよね~

まだ、剛紫的にちょっとかたいんかなあ(笑)
そろそろ「ほな」が聞きたいわ



★剛紫さんのチケット譲ります
サポート隊のみずきさんがどうしても行けなくなったので
剛紫さんのライブチケットをお譲りします


横浜アリーナ
5月29日(金)19:00~
Dブロック16列 2枚


ご希望の方はこちらからメールを頂けましたら
みずきさんに転送いたします。
よろしくお願いします

| TV・ラジオ | 17:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BIGAKU=FUNK

BIGAKU=FUNKを聞きながら、FINEBOYSの切り抜きをした今日
3月20日のオンエア分はすでに聞いたのだと
気が付くのに10分くらいかかりました

なんでやねんっ!

思いっきり自分に突っ込んだわ・・・
というわけで、本日聞いたのは3月27日分
まだ3月だよ、3月(笑)

しかも聞きながら切り抜きしてたので、
そないに微に入り細に入って聞けておりません。
おりませんけど、なんでやねん!って突っ込むとこだけ
覚えてるという、根っからのツッコミ体質(笑)

どうやら、この日も寝てないらしく。
つか、寝たのが朝って言うてたんかな?
舌が回ってない言うてましたけど、何しろ
『空~美しい我の空~』が言えてなかったから(爆)
いやいや、剛紫さんの曲でっせ!(笑)
私が噛むのも無理はない・・・

さらに、リスナーのメールを読む剛さん
「荒んだ」を「あらんだ」って読んでましたよ。
寝てないねえ、いやはや、寝てない(笑)
ちなみに「すさんだ」と読んで欲しかったところですけど。
いい話読んでんのに、コケてもうたがな(笑)

さらに、ラジオネームだったと思うんですけどね
「ビッグスコーピオン」を「ビッグス コーピオン」って
変なところで区切ってましたな?
ファイナルファンタジーが頭をよぎったんですかね?(笑)


・・・とまあ、こう並べるとツッコミというより
揚げ足取りみたいになってますけども(爆)
たぶん、ちゃんと寝て頭回ってる状態なら
やらない間違いだと思うんですけどね。

逆にこんな寝てない状態で、おかしなところがこれくらいで
しゃべれててすごいなって話なんですけども(笑)
あとは、だいたい普通でしたから(爆)

そんなラジオを聞きつつ、FINEBOYSの切り抜きしてたわけですが
2007年から切り抜いてなかったことに驚愕ですよ
しかも、ここ数ヶ月は読んでもいなかったので、読みつつ
聞きつつ・・・出来るか!みたいな(爆)

最新号でちょうど、宇宙人に逢いたいシリーズの30回でして
めっきりおとなしくなってましたな。
衣装もモノトーンなら、お茶・・ええ、日本茶飲んでたし。

また、ソレ見てリクが、ええなあ、オレもこんなん好きやわ・・
言うてたし(爆)さすが団子屋勤務(笑)

色の洪水、柄オン柄の路線から、シックになってきた剛さん
今後のFINEBOYSの行方が楽しみですわ

・・・・っていうか、ほら!
頭の中も読まなくちゃ!(爆)

(まだ読んでなかったんかい!)



| TV・ラジオ | 19:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

美 我 空 - ビガク ~ my beautiful sky TOUR 【7】

本編ライブが終了してアンコールでございます

おおっ、鹿マイク登場です
黒いTシャツ姿になった剛紫さんが鹿マイクの前に立って
まずは語りますよ。

「悲しい気持ちを平城宮跡に・・」置いてきていた話
だったはず(笑)

僕の原点が奈良、
日本人の原点も奈良
原点に返るんだと・・


日本人の原点が奈良だと言い切っちゃうところがすごいな(笑)
確かに日本の初期に大きな都があったことは確かで
関西に住んで奈良にも特別な思い入れがある私に異論はありませんけど
他の地域では多少異論があるんじゃないだろうか
・・て、ことを私が心配しつつ(爆)(←まさに老婆心)

アンコールで歌うのは「ぼくが60になったときに
石舞台の上に立ってこんな風に思うのか・・」と思って作った
【空~美しい我の空~】

「皆さんの頭上に美しい空が広がるように」

スクリーンにはPVが流れておりました
剛紫さんが自ら撮影した景色ですよね~

いやあ・・どの曲も素晴らしかったんですけど
やっぱシングルカットになった楽曲ってのはひとしおですよね
この圧倒的なボーカル・・・
なんやかんや言うて、やっぱすごいんですよ
TVやCDで聞くのもいいけど、やっぱライブですよ
あの空間いっぱいに声が広がっていくという体験を是非して頂きたい
もう遅いけど(爆)

空のあとは
「こっからは何も決まってないので・・・・」
つぶやいてます。

「だいたいは決まってるんですけど・・・
音色(おんしょく)も決まってない」
言いながら、あれこれエフェクターいじって音決めてます

”だいたいのところ”の”だいたい”も今日始めて見る身にとっては
何をするんかわからないんですけども(笑)

「最初はこれで・・」
お、音が決まったみたいですね。

ギターを奏でて・・・バラードっぽい感じで
「この手で何を描こう・・」だったかな?
歌い出す剛さん。

ああ、なるほど
何も決まってないところから、即興で歌っていくわけですね。
即興で歌ったところに、バンドが即興でついていくるわけですね。
そりゃまたスリリングにして上質なセッション

ってことは、この日限りの歌なわけだ!
これは歌詞をメモっとかねば!と
バッグの中に突っ込んだメモを取り出したら
シャーペンがついてないじゃないか
せっかく会場もうっすら明るくてメモるのに最適なのに
バッグの中をごそごそ捜索するも出てこない・・
こんなちっちゃいバッグの中をくまなく探してないって、
どういうことーーーーーっ
仕方ないのでメモはあきらめて、聞くことに集中しましたよ
おかげで全然歌詞は覚えてません(爆)

「愛が僕をみつけてくれるかな」・・っていうフレーズしか(笑)

でもまあ、これが即興のセッションなのですか?!という
相変わらずバンドメンバーのクオリティの高さ
さぐりさぐり、剛さんのギターに合わせてドラムもベースもギターも
パーカッションも、ブラスも・・・
これがまた素晴らしくてですね。
結果的に、歌詞も演奏も、今となっては
すごかったーーーってことしか覚えてません(爆)

2曲目は・・って改まったわけじゃないですけども
曲調と歌詞のイメージを変えてもう一曲
ややアップテンポな感じだったなか
光がテーマだったと思います。
もうワンフレーズも出てこない
ああ、どうして予備の鉛筆が入ってなかったのだ


さらにセッション
bi・GA・KU でファンクポーズ決めるようなダンシングが
あったのは、これだっけな?(やたらハテナが多いレポだ・爆)

1人ずつバンドメンバーをフィーチャーしていきますよ
サックス、ベース、キーボード、コーラス、
おお・・トランペットすげえ

ずっとおとなしめに後ろにいた先生、やっと前に出てきて
ぎゅいーんと弾いてたらば、後ろにいた人が
「あっ、西川先生や~~♪」って・・
いやいや、今頃かいっ!最初からおるっちゅーねん!って
思いっきり後ろ向いて突っ込みたかったわ(爆)
いくら照明が暗いつっても、あんなポジションでギター弾くんは
先生しかおらへんから

さらにスティーブはなぜかボイパで応えております(笑)
しまいに「あはん(にやり)」・・みたいな(爆)
ああ、ニュアンスが伝わらないっ
めっちゃ面白かったのに。さすがスティーブ!

最後に、また巨大なふすま(違)が出てきましたよ。
去年は身体に絵の具つけて、I AND 愛のIを完成させましたけど
黒い紙に白い絵の具を手につけてぺたぺたと”FUNK”と描き
それをやぶると下から、白地に黒々と『美我空』の文字が。
剛さん直筆の文字ですね(実際書いたかどうだかわかりませんが)

そのふすま(違)に向かって、剛さん何度も何度も体当たりしてます
はあはあ、息切れしながらぶち当たってます
軽々と踊って、その足でぶち当たってみたり
色んなバリエーションで闘ってます、美我空と。
何の象徴なんだろうか・・・・たたけよさらば開かれん?(笑)

最後に「納得できない自分を殴ればいい
ただ、傷つけるとかじゃなくて、光を持ってなぐる」
・・んだという話をしてたんで、そういうことかな?
ものすごく疲れる言うてましたけど(笑)

その後、大阪最終日ってこともあって、ダブルアンコールを願って
かーーなーーり長いことアンコールしてたんですけど
出てくることはなく・・・
大阪終了でございます。

| ライブ | 16:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

美 我 空 - ビガク ~ my beautiful sky TOUR 【6】

MCが終わりまして、次の楽曲へいくわけですが
ステージは真っ暗です。
キーボード(ピアノ?)と剛さんだけしか見えません

ああ、そういうことか
完璧に弾き語りだけなんですね?
他の音が一切ない状態ですよ
それはそれで一種緊迫感も生まれますわ・・

下からまっすぐなレーザービームに照らされつつ
ステージ上、キーボードごとリフトいたします
唯一の大がかり演出!(笑)
座ったまましっとりと【 綴る 】
優しいピアノの音と、丁寧な歌声・・
じっと目を閉じて聞いてましたわー

そのままの流れで【 歴史 】なんですけど
♪ゆびさき~~・・って歌い出したとたん
ぶわ~~~~っと鳥肌ですよっ
うわぁぁあああ・・・って感じ

もうほんと、なんでしょう
会場が暗いからか、聴覚が敏感になってるんですかね
しーんとしたホールの隅々を超えて、どこまでも広がっていくような
歌声でしたよ・・・

この2曲終わったあとは、はぁ~~~ってため息ついちゃったもんな
息止めてたくらいの勢い(笑)


ここでインターバル
次の曲【Raindrop Funky】についてお話する剛紫さん

「雨上がりのアスファルトがキレイだな」と思って作った曲ですと。
ぬれたアスファルトにライトが乱反射してキレイだったんですね。
で、「キレイだ」ってことだけを携帯に入れて
それだけをふくらませて作ったらしい
「女っぽいですけど」言うてましたけどね(笑)
キレイなものを見て、キレイだと思える心は男女関係ないと思いますけど?

誕生石がダイヤモンドだということもあって
歌詞にダイヤモンドってのも入ってるし
「みなさんも綺麗な雨上がりを見たことあると思います」言うてましたけど
雨上がりがダイヤモンドみたいにキレイなのは、アレですよね
夜限定ですよね?(笑)しかも相当ネオンだの、ヘッドライトだのないと
ダイヤモンド並にアスファルト光らないですよね(爆)
想像はつきますけども、実際なかなか見る機会ないかもなあ
めっきり早寝だしー(笑)

「大事な人の手をつないで聞いてください」
「あいにくな人は、エアーで」
あいにくって!!(爆)エアーって!!!(笑)

エアーでって言うてしもてから

「いない人は僕と手をつないで」

きゃ~~~~~って歓声を巻き起こしてから
「30になるとこんなことも言える」んですってよ(爆)

というわけで【 Raindrop Funky 】
さっきから、上の方でチラチラ光るなあ?と思ってたら
左右に巨大ミラーボール出現しました!
出ました、ファンクパーリー★
やや、ゆったりした感じのこの曲に続いては

【 FUNKAFULL FUNKAFULL 】ですからね!
いやいやいやいや、みんな!もっと踊ろうよ!(爆)
もうメモも記憶も何もないんですけど(笑)
楽しくノリノリだったのは間違いないっす

しっとり座って聞く曲はじっくり聴きたいですけど
こういう歌は曲に身を委ねたいやんか~

そして最後は【Purple Stage 】
私の記憶にある限り、初めて色の付いた照明だったんじゃないだろうか?
赤と、青と、そして紫と。
色ついた照明ってキレイなんだ~・・って思いましたよっ(爆)
普段いかにあふれかえる色の洪水でライブやってるのかと思ったわ~

でもまあ、なんでしょう。
無彩色だから、シンプルでよいと言うわけでもないなと。
これは個人的感想ですけどね?
逆に変な緊張感というか・・暗いイメージというか・・

普通に暮らしてると、自然界には色があるわけで
そういうのを見ない世界ってのは、一種不自然に映るんですよね
(衣装もみんなモノトーンだったし)

ま、そういうことを考えるきっかけになったのは、
良かったんじゃないかと、前向きにとらえつつ
本編ライブは終わりです



| ライブ | 17:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

美 我 空 - ビガク ~ my beautiful sky TOUR 【5】

【素敵な詩 孤独な詩 】でずっこけたとこまででしたね。

左右にある小さいスクリーンに、それぞれ眼が映し出されてます
言わずもがなの剛紫さんの眼なんですけども。
えらい離れた眼ぇやなあ・・・・・って感じになってしもてます(爆)
その眼が、ふっと瞬きして【 雨の弓 ~Ameno-yumi 】
ああ、まぶたって歌詞が出てくるしなあ・・うっとり

その次がうって変わって【NIPPON 】
この曲も好きやねんな~~~
なのに記憶がないねんな~~(笑)
たぶん、すっかりノリノリになって聞いてたんだと思うわ

【叶え Key 】では、歌詞に出てくる言葉が細切れにスクリーンに。
それがすごい印象に残ってるのよね~
これもまたノリノリで
何曲か控えめなフリ・・とまではいかないけど
手拍子的なこともあったんですよ。
どれやったかすっかり忘れてますけど(爆)

さて、ここで2回目のMCでございます
「お座りになって大丈夫ですよ」という剛紫さんのお言葉に
ほっとするワタクシ(と、体力のない若者)

まったり座ってお話を伺うことが出来ました
・・・って、法話じゃないんだから(爆)
リクは剛紫さんのMCがお寺みたいだった言うてたけど

「ラブソングは作りたくない」ってとこから始まります。
愛や恋だけを歌うラブソングは「軽い気がして」作りたくないのね。

このあと歌う【綴る】や【歴史】
特に【歴史】は神様にささげているような気持ちで作ったらしい。
歴史というのは本当のことがどこまでどうなのかわからないし
時間が経てば何が本当なのかも変わっていくものであるけども
2人の愛は誰かが手を加えても、つぶすことが、壊すことが出来ない・・
という想いを込めてるそうな。

「恋というエリアだけで生きるより
時代や社会に飛んでいく歌を目標に」している剛紫さん

だから歌が個人的な視点じゃなくて
しっかりしたテーマをもった大きな視点になってるから、
なんとなく歌詞のイメージが同じように思えるのね。
っていうか、テーマが一つだからやんな(笑)

それから楽器のお話です。
ピアノ、ベース、ドラムも基礎は習ってない剛さん
「恥をかいたり失敗したり怖くないからやっちゃいます」
ってことで、ステージでも色んな楽器を披露されますよ。

アルバムでも色んな楽器を演奏されましたけど
「どなたかにやっていただいても良かったけど
自分の音で伝えたい」

「時間があれば全部自分でつくってた」

「いつしか僕の音をみなさんに聞いて頂ければ」

やっぱり自分が出す音が、伝えたい自分の音だから
本当は、全部自分で演奏して作りたかったんですね。
アルバムでは1曲だけありますけど、そのうち全部で
やってそうですね(笑)
どんだけ多才なんですか・・
トランペットだけはちょっとムリ・・とか言うてくれないと
可愛げないよっ(爆)

【綴る】と【歴史】はピアノの弾き語りなので
「僕の音ですので・・」
剛紫さんの音で、伝えてくれるわけですね。

で、曲に行くのかと思ったら、さらに
「本当の自分と、ほんとうでない自分」について、またお話が(笑)
これ、話聞きながら私も色々考えてたんで
実際どんな話だったかごっちゃになって心許なくなっちゃったよ
ま、剛紫さんは、本当の自分を出していくプロジェクトですからね。

「こんな時代を僕たちが愛して」いくんだと
「一個人のエリアでとやかくいって」る場合じゃないと。
剛紫さんの視点はグローバルですから。
あ、グローカルか?地球的に地域的(笑)
むしろ、宇宙的に奈良的(爆)
っていうか、宇宙=奈良って図式も成り立つ気がする


それから、インターネットは繋がりが淡泊で、
良い悪いは決められないけども、と言いつつも
やはり人と人が実際会う方がいいんじゃないかと・・
いう感じのこともおっしゃってましたわ。
私が言うても説得力がありませんが、同感です(笑)

同感しつつ、続く・・




| ライブ | 17:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

美 我 空 - ビガク ~ my beautiful sky TOUR 【4】

あ、そうそう。MCがあったんでしたよ。

【愛詩雨】のあとか【素敵な詩 孤独な詩】のあとか定かじゃないんですけど
静かに楽曲を歌い終わって、しゃべりだした記憶が・・

第一声は「つよしむらさきです」中居方式できましたよ。
いいんですか、いきなりソレで(笑)

「雨ですね・・・僕が降らせたわけではないですけど」

こないだまで、雨は僕が降らせてるってふれこみでしたけど
もう違うらしい(笑)

「お足元の悪い中お越しくださいまして」とお気遣いいただきましたわ(笑)


ビガクがスタートして、
「4/9と10は奈良で過ごさせていただいて」
先ほどからやたらと丁寧ですけどね(笑)
紫がつくと、こうなっちゃうんでしょうか?
さすが高貴な色合い

ここで『剛紫』になったいきさつを語ってくださいます
色んなところで見聞きした話ではありますけども
改めて剛さんの口から剛さんの言葉で。

「イメージという世界で生きていた」今まで
そしてこれからは「自分でじぶんを作っていく」のだと。
(ものすごいざっくり要約しましたけど、メモにあるのが
この言葉しかなかったもんで・笑)

いろいろと制約があった今までだけど
「ありのままに話せる機会が増えて嬉しいです」
おっしゃってました。

そしてただ素直に伝えたい・・って話をしてたんですけど
「(中略)真っ白に伝えたい」ってところで噛んでしまいましたね。
ものすごく真面目に真摯にしっとりと語ってたんで
そのまま流すかな~と思ってたら

「・・噛みましたけど。ここで噛んだら説得力がないですけど。
噛むくらい愛情がこもってるってことです」

どこにどんな愛情込めてんですか(爆)

そしてファンやバンドや家族やスタッフや
色んな人たちに感謝して生きているんだと

「感謝申し上げます。ありがとうございます
・・・・・・・・・・・・・・・・
お食事が出そうな話してます」


あっはっはっは(笑)
パーティーの挨拶みたいな?

「サーロインステーキが出そうな
ポテトとイクラのあえたものとか・・
そんなのがあるかどうかわかりませんけど
エシャロット的な・・・・
僕の様々な表情がエシャロット的な
・・・・・・・・・・・・
何をいうてるかわかりませんけど」

剛さん、ボケたいのか、真面目に話したいのか、どっちやねん(爆)
シチュエーション的には、非常に美味しいですけどね。
突っ込んでくれる人がいないねんから、自分で収拾付けないと(笑)
とりあえずオシャレなオードブルの一つも出てきて
シャンパンで乾杯でもしそうな雰囲気にしてしまったんですよ。
さらに自分でもツッコミきれない、ボケっぱなしの状態になってます(爆)

仕方ないので軌道修正
元の雰囲気に戻していきますよ。

「素直な気持ちを歌や音にこめて届けます。

今日は本当に・・・・・・・・・・・終わるみたいやな

いやいや、ほんとにエンディングの挨拶かと思ったよっ(爆)
どうしてそうなってしまうねん(笑)

これで終わってもいいんですけどね・・って
まだ、2,3曲しかやってませんけど?(爆)
あ、あとは、全部アンコールにするのか?!

「ただ、これで終わったら、3ヶ月くらいして、
普通にやっとけばよかった~と思うと思うんで・・」

3ヶ月くらいしないと思えないんですね(笑)

「終わる感じになってしまったのは深く反省します」

反省してるところに、会場から”可愛い~~”と声がかかると

「誰もが知ってること」

・・・ですね。はい(笑)再確認しただけや~ん

「何が言いたかったのかというと
まっすぐ受け止めて素直に楽しんでってくれればいいです」


おおお、最後にちゃんと何が言いたかったかに戻ったわ!(笑)
しかも、とてもシンプルにわかりやすく!
がってんだ。素直に楽しんでくぜ~~




| ライブ | 21:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

美 我 空 - ビガク ~ my beautiful sky TOUR 【3】

か~なり長い間ベースソロやってます、剛さん。
ちなみに出で立ちは、白いTシャツに黒いカーディガン?黒いパンツ?
色もモノトーンなら、形も奇をてらうことなくどこまでもシンプルに。
ここまで来ると、削ぎ落としすぎやろ!って突っ込みたくなるくらいの
シンプルさになってきてます(笑)

目で楽しませようというよりは、あくまでも音楽、音を聞いてくれたら
それでいいねん、ってことでしょうか。
目からの情報があっても、なんら耳の邪魔にはならないんですけどね(笑)
(やりすぎると先入観になりますけど・・真ん中がないのか、剛さんも

さてさて、この辺からはめっきり記憶もあやふやになってきますから
さっくり参ります。この曲の時にはコレってのが確信もてないことばかり(笑)

バンドのみなさんも登場いたしますよ
ギターは先生と・・・はっ・・あ、あれはっ!
名越さんではないかっ!なごちゃ~~~~ん
去年の244ライブでも、西川・名越でしたけど
まさか剛紫にもこのギターコンビだとはっ!感涙!

と、言いつつ距離が遠い上に双眼鏡で見てもですね
ステージの照明がましてやバックバンドにはほぼ当たってないんで
若干確信がもてないでいる私・・
でも、あの髪の毛具合と、あの手首具合、そしてあの音・・
なごちゃんのはず~~~

向かって右の西川先生の後ろには、スティーブさんも!
そしてドラムはしょうこちゃん、キーボードは十川さん
ベースは種子田さん
(最後のクレジットで気が付いた、わかんなかった)
(ちなみに種子田タケシだから、種ケンにはならなかった・爆)
コーラスにはTAMAちゃん(ともう1人)
ホーン隊に下神さんはいませんでしたけど
こうしてみると、バンド的にはエンドリをがっつり踏襲してるよな(笑)

剛紫さん、ベースをエレアコに持ち替えて【TALK TO MYSELF 】
静かに始まりますけども、いきなりボーカルの力に酔いしれる~
大阪城ホールのこれくらいの大きさがちょうどいいのか
空間に広がる、吸い込まれていく歌声がほんと気持ちいいですよ
音がねえ、すごい良かったですよ~
ライブハウスとか野外で聞いたらどうなんやろな?とふと思ったけども。

続く【 愛詩雨 】もエレアコで
そぉっと静かに歌うバラードが続きますけども
密かにギターがバリバリのワウ踏んでますから
なごちゃんの優しいながらもワウの効いたギター
後ろに流れてソウルファンクな装いですよ
ん~、気持ちいい~

確か【素敵な詩 孤独な詩 】の時だったと思うんですけど
中央の大きなスクリーンに白鳥?みたいな鳥が出てくる
ロールシャッハな映像が流れておりました。
あくまでモノクロのイメージ映像的なものですけどね。
ロールシャッハのような、幾何学模様のような、そんな映像が
他の曲でも流れておりましたわー

映像もモノクロですけど、照明にも色がついてないんですよねー
剛紫さんにあたるスポットライトも、時折会場をめぐるバリライトも
ただ、白・・っていうか、光のみです

歌声にすっかり酔いしれて、壮大なエンディング・・
と、思ってたらちゃんと曲の最後の、ぴよ~~~んじゃじゃじゃん
まできっちりあったんで、ずっこけましたわ(笑)


ずっこけつつ、続く・・・

| ライブ | 17:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

美 我 空 - ビガク ~ my beautiful sky TOUR 【2】

さて、雨の中グッズを買うて、大阪城ホール内に。
ちなみに、チケットはこちら

090507_1


縦書きでございます。
チケット届いた時、もれなく4枚綴りになってるわけですが
2枚しか申し込んでないので、あとの2枚はこんな余白に・・

090507_2

おおお、なんかしおりに最適
ちょっと得した気分です

1年ぶりの大阪城ホールなんですけど、なんかちょっと変わってた?
場内の案内板とかが新しくなってましたね、
どうでもいい情報ですけども(笑)
そして、入ったところに何かあるなーーと思って見たら
消毒用のスプレー?みたいなやつですよ。
まさに豚インフルエンザがどうのこうの言うてる時期だったから?

アリーナだったんで、下に降りてドーナツ食べてから会場へ。
ほとんど真ん中でしたね、アリーナの。どっぷり埋もれ席(爆)
去年みたいに花道でもあれば、それなりに楽しい席だったかもだけど
今回は何もありませんから。メインステージのみ、
ましてやクレーンなんて飛び道具も出てきません(爆)

スクリーンは3つ、真ん中が大きくて日本列島型雲が
そして小さな左右には、割れたハートが分かれて映ってました

ステージにもとりたてて飾りはなし。
左右に、巨大ボールみたいなんを3つつけた照明が
ゆるーく回ってましたわ。あと、ボール型照明がごろんごろんと
ステージに何個か・・・

そして、TVでもちょいちょいお目にかかった氷柱みたいなオブジェ?
いやはや、ライブ始まってからもステージ上が暗くてですね
あんまり確認出来なかったんだけど、そんなもんですよね?

その後は、機材チェック
中央やや右よりだったんで、正面にあるアンプはオレンジか?
いやいや、HIWATT ちゃう?!先生こっちかな・・・とやってたら
ローディが出てきてチューニングはじめましたよ。
ベースがあっちで、ギターはこっちやな・・ふむふむ

そうこうしてるうちに、客電消えて始まるわけですが
ペンライトがないもんで、客席も真っ暗
ステージも派手な照明がないもんで、ほぼ真っ暗・・
ぼや~~っとした電球がほわ~~っと光ってるだけなんでね?

そして、スクリーンに次々映像が映し出されるわけですが
延々モノクロームです。セピアにすらなりません。

両脇スクリーンにはモノクロームの剛さんが・・
えーと・・・ヨガですか?新しいヨガ?
ビガク-ファンク-ヨガ(←勝手に命名)
なまめかしく座ったり、絡めたり、はいつくばったり
見てるだけで体温上昇して痩せそうです(爆)

真ん中のスクリーンには、和風幾何学模様が展開されてます。
アフリカ的幾何学模様から、シルクロードを通って、
日本にたどり着いたのね・・的な壮大なロマンも感じつつ(爆)

曲順を全くチェックしてないんですけども
たぶんアルバムの曲順で進行したと信じて
それに沿って話を進めますけども。
どうせたいして覚えてないんであんまり関係ないわね(爆)

オープニング・・『 美 我 空』の 雅楽器の音が聞こえてくるわ~
で、ベースの音がする・・と思ったら剛紫さんだったのね!
ステージ上には、剛さん1人
ってことは、延々ベースソロのオープニングですよ。

こ・・これは斬新っ!

ベースの音好きなんだけど、あんまりベースソロを聴けることがないから
嬉しかったわ~~

あれは[si:]の頃だったか・・初めてベースを人前で弾いて
後ろからウエケンさんに見守られてた時のことが走馬燈のように
脳裏に浮かびましたけども(笑)

いやあ、上手なったわーーー!!

チョッパースライドチョッパー・・みたいな?(笑)

はたまた、ギターのスリーフィンガーみたいなテクニックで弾いてみたり
常識にとらわれないベースプレイがかっこよかったですよ~~
いやもう、オープニングのベースだけですでにノリノリの私

・・なんですけど、割と周りが静かでしたのよ
固唾をのんで見つめてる感じなんかなー

そりゃ、エンドリや244だった頃に比べて、ファンク一色ってわけじゃないけど
どんなバラードも、バンド編成でやってんだから、グルーブはあるんですけどね?
ファンクナンバーになっても、踊ってる感じなのは、ほんの数人だったなあ

あ、それから、お客さんに男の子が少なかった??
あんまり見あたらなかった気がしたわ~
お父さん?って感じの人はいましたけど。
これで、もし男だけハイヤーしたら、悲しいやろな、なんて
リクと言うてたんですけど(笑)
ま、私の周りだけだったかもですが・・・


というわけで、まだオープニング始まったばかりですが、続く(笑)




| ライブ | 17:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

美 我 空 - ビガク ~ my beautiful sky TOUR 【1】


剛紫さんになった、剛さんに会いに行くべく
今回は、リクと2人旅でございます(旅じゃないけど・・)
リクと2人で剛紫さんだと、どうもライブハウスに行くノリ(笑)

どうやらライブ自体も、派手な演出はないというのを聞いてましたんで
ワタクシも地味めにまとめましたよ。
ますますライブハウスノリ。ライブハウスだったら良かったんだけど
大阪城ホールでございます(笑)

駅からてくてく雨の中歩きまして、まずはグッズを購入
すでに目星はつけてたので、アレとコレと・・と
もくろみながらグッズ売り場にやってきたら
ブースごとに買えるものが決まってましたね
一カ所で全部買えなかった・・・めんどくせー

雨も降ってるし、普段の私なら、ええいもう、パンフだけでええわい
短気を起こすところでしたが、地道に3回並んで買うたところをみると
よほど欲しかったらしい(爆)
ま、リクが隣で荷物持ってくれたりしたしね・・

というわけで、まずはパンフレット
090506_1


中身はまた後日余裕があればレポしますが
・・・これ、おわかりでしょうか。白地にエンボス加工で紋様が(笑)

『美我空』と『剛紫』の文字
螺鈿紫檀五絃琵琶と、鹿に、角だの雲だの花だの・・
ありがたい感じがただよっております

そして腹立つことに(笑)
冊子になっておりません。蛇腹です。
気をつけないと、ばらばら、ばっさ~~~・・・と広がります(爆)


続いて、ストール
090506_2


大判のストール欲しいなあと思ってたんで、グッズにあってちょうどよかった(笑)
しかも、柄が、TSUYOSHI VOCAL MASTERとありますけども
『空~美しい我の空』の“愛してるを・・・”の部分の声紋らしい。
半分に折ってますけど、そう言われたらなるほど・・って柄ですよ。

ただ、大判も大判、ざっくり100×200センチほどある
アクリル素材なんで、ストールつか薄手の毛布みたいな・・・(笑)
間違いなくこれからの季節にはいりません(爆)


そして、湯飲み(上から見た図・四角いのは入ってた箱)
090506_3


何の変哲もない黒い湯飲みですが、底に白い牝鹿が
湯飲みも欲しかったんで、ちょうどよかった(笑)
大きさ的にも、手にしっくりなじむ感じですわ
さっそく使ってますから


あと、Tシャツをどうしようか、ちょっと悩んで
やっぱりやめてしまった親子・・
黒地にありがたい感じの柄で、使えそうだったんですけどねえ。

ああ、やっぱ買えば良かったかなあ?
でも黒いTシャツが多いしなあ・・・ううむ・・・(まだ悩んでる・笑)


とりあえず欲しいものだけさくっと買うて、持参のエコバッグに入れて
入場致しましたわ~


えー、グッズの報告しただけですが、続く(笑)


| ライブ | 22:31 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

行って参りました

若干のネタバレが含まれますので
ご注意ください




いやあ・・もう、ほんとに、ストレートプレイの剛紫さんが
素晴らしかったですよ。

思い起こせば何年前?
初めてのソロコンサートの時に期待していたのが
こんなコンサートだったんですよ、剛さん(笑)

やっと追いついたな。

色々回り道したけど、やっと聞けたな
これが、こういうのが聞きたかったんですよ


えーと、去年の244さんには、人間ミラーボールで派手派手しかったワタクシも
今年はすっかり地味でございます(笑)
黒地に白で、JUNK FUNK PUNK ・・・そらJFP Tシャツじゃないか(爆)
そして、リクもスカル柄FUNK Tシャツ
方向性としては間違ってないはず(爆)

そして何が嬉しかったって。
西川先生がいてはるのは、先生のブログで推察してましたけど
まさか、なごちゃんがいるとはっ!
無駄にテンションあがっちゃったよ~~(笑)
ベースはウエケンさんじゃなかったけど、種ケンさん(爆)だったし

でもね、照明が暗くてねえ・・ええ、ステージの。
よく見えなかったわ
そして暗いと言えば、客席もめっくり・・いや、めっきり暗かった

噂には聞いてたけども、派手な照明もなけりゃ
ペンライトもないわけで、手元真っ暗
メモなんて絶対とれない(笑)
かろうじて、MCの時だけ、ちょろっとメモりましたけど・・

まるで、メモなんかするなと言わんばかり(爆)
その上、アンコールでフェイクっつーか、即興で歌うわけですけど
これは歌詞をメモっとかねば!と思ったのに、シャーペンが見あたらない
せっかく若干明るかったから書けたのに・・・
ない・・ない・・・・

ううむ、コレはメモなんかせずに、聞けってことね(爆)

あとから見たら、足下に落ちてましたわ

ってことで、記憶力は全くないので
帰ってきたらキレイさっぱり覚えてなかった
もったいないオバケ


後日、履き集めた記憶の断片をつなぎ合わせて
レポにはならない思い出メモはしたためますわ

とりあえず今日の所は、おやすみなさいっ(笑)




| ライブ | 23:37 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |